*

産後ダイエット!授乳中は危険?運動?食事?6つの安全で効果的な方法

      

授乳中産後ダイエット
あせります。


カロリーゼロダイエット女子

産後太りでダイエットをなめた結果



元気で丈夫な赤ちゃんに育ってほしいしって願うけど、
だからこそ、完全母乳で気合いいれたけど、

正直、おのれ自身の体型
元のボディラインに戻したい。
開いた骨盤もなんとかしたい。

いや、できることなら
出産前よりやせたい。

そして、

「えぇ!ほんとに赤ちゃん産んだの!?」
って友達や同僚に言われたい。

道を行く素敵なイケメン君から
「おねぇさん!」

などと、お声掛けの一つでも頂きたい。

そう、

出産後のママさんは人類へ貢献した、大仕事を終えた一人の英雄


スポンサーリンク





でも、できることなら、
ママさんでいることも大事だけど、
女子力輝きたい。

だって、女子だもん。

で、

手はじめにダイエットです。

今回は産後のダイエット、授乳中のダイエットの6つのポイントを

シャープにコンパクトに
シェイプしてピックアップしました

早速。

産後ダイエット授乳中のダイエットを始める時期

妊娠中はホルモンの影響により
脂肪や水分を体内に溜めやすくなるため、
太ってしまいがち。

そのため、
産後に体型を戻すためには
ダイエットが必要だと思いがちになります。

雑誌やテレビで、盛んにあおりますからね。

でもですね。

じっさい、授乳中は普段より
350~500キロカロリーほど
カロリー消費量が増えます

つまり産後は痩せやすい体質にかわっているのです。

なので、

普通の食事と適度な運動をするだけで
ある程度は体重は落ちるのが、
自然の摂理。

特に運動をしなくても、
家事をしたり、赤ちゃんを抱っこして
近所を散歩するだけでも

かなりのカロリーを消費できます。

でも、でもです。

妊娠中太り過ぎてしまったときは、
ある程度運動をしないと
体型が戻らないこともあります。


スポンサーリンク


産後ダイエット授乳中のダイエットを始める時期


授乳中に激しい運動をすると
母乳が出なくなってしまうことがあるので
注意が必要です。

母乳には赤ちゃんの
免疫力を上げる働きがあります。

初乳を飲ませてから約3ヵ月
赤ちゃんの免疫力は
特に問題がないくらいまで
上がるといわれています。

そのため、激しい運動をする時は、
母乳が出なくなってもミルクで代用できる、
産後3ヵ月以上経過してから始めることが大切です。

また、妊娠中に付いた脂肪は、
普通の脂肪よりも水分が多く
燃焼しやすいのですが、

産後6ヶ月以上経過すると
普通の脂肪と同じく燃焼し難くなってしまいます。

そのため、

産後6ヶ月以内にダイエットをした方が
効果は現れやすくなります。

産後ダイエット 授乳中でもできる運動は?


じゃぁ、どんな運動からはじめるのが良いのか?

産後の運動はプールでのウォーキングなど
体への負担が少ないものから始めるのがベストです。

母乳が気になるので
プールに入るのに抵抗がある場合は、
家の近所のウォーキングでもかまいません。

どちらも最初は短い時間から始め、
慣れてきたら徐々に
時間を延ばすようにすることが大切です。

産後と授乳と骨盤と


では何からはじめればよいのか?

そこで気にしておきたいのは
ずばり、骨盤。

産後の骨盤のゆがみを治してダイエットです。

産後の女子の身体は骨盤が開いています。
これ、体型を元に戻すためにも意識したいところです。

開いた骨盤を元に戻すことは
健康的に痩せる為にとても重要。

で、エクササイズです。

このエクササイズで運動して、
体型も戻す。

これは、おうちでかんたんに出来ます。
赤ちゃんと遊びながらできるのがポイントです♪

こちらの動画でどうぞ。

ベビカム「産後ママにおすすめ!骨盤矯正エクササイズ」



骨盤のゆがみをリセットです。

体型の崩れだけじゃなくって
  • 冷え性
  • 尿もれ

などにも効果ありです。

もういっちょう♪

産後ダイエットには、骨盤エクササイズ:赤ちゃんと遊びながら~ねんね期


首すわりにつながる姿勢で
赤ちゃんもニコニコですね。

産後ダイエット授乳中の食事


また、効果的にダイエットをするためには、
運動だけでなく食事にも注意することが大切。

授乳中は普段より食欲旺盛になってしまいますからね。

ですが、食事で気をつけたいポイントがあります。

それは食事の回数



「回数だと?」

そうです。

回数です。


授乳中は何かとおなかがすきます。
夜も日中も赤ちゃんとリズムを合わせるように
腹が減ります。

なのに、1日三食だけでしかも、
パパさんもびっくりのてんこ盛りでは
肥えます。


なので、一回の食事量を増やすのではなく、
一日の食事回数4~5回程度に増やし、

一回の食事量を減らした方がダイエットに効果的です。

この時、

良く噛んでゆっくり食事をするようにすると、
腹持ちが良くなりますし、
胃腸への負担も軽くなります。

また、

  • 白米
  • うどん
  • そば
  • 豆製品
  • 鶏肉
  • 白身魚
  • 海藻
  • 根菜類


これらの野菜や食材は
母乳に良いとされているので、
積極的に食べるようにすることが大切です。


本日のまとめ

産後ダイエット!授乳中は危険?運動?食事?6つの安全で効果的な方法
  • 産後ダイエットは赤ちゃんがミルクを飲める3か月以降が安全
  • 授乳中は痩せ体質である(普段より350~500キロカロリー、カロリー消費量が多い)
  • 体型を戻す運動には骨盤エクササイズがおすすめ
  • 一回の食事量を減らす
  • そして、一日の食事回数を4~5回程度に増やす
  • 産後6カ月以内にダイエットを始めるのが効果的


もちろん、まるっとしたかぁちゃんだって素敵です。

でも、シェイプした身体で、
女子力の高いママさんも素敵ですね♪

あなたが目指すのはどちらのママさんですか?

応援しています♪

スポンサード リンク

 

もし少しでもご参考になりましたら、ソーシャルで共有いただけると中の人が小踊りして喜びます♪

おすすめの関連記事たち♪

よろしければ、ご参考にこちらの記事もどうぞ♪

そしてさらに関連記事たち

足首の痛み!知らないと怖い病気はこれ!症状別まとめ!

足首が痛みだした。いわゆる『くるぶし』の痛みです。 この痛みは 「運動不足

記事を読む

二の腕のぶつぶつの治し方!知らないと危険!?市販薬の選び方はこう!

二の腕のぶつぶつの治し方を教えてほしい。市販薬でもクリームでも皮膚科でも、なんでもいい。できればすぐ

記事を読む

ほうれい線は遺伝?ケア方法はどんなのがあるの?

ほうれい線は遺伝なの? ほらお母さまのお顔をみていると、年輪のように深くしっかりと刻まれたほう

記事を読む

赤ちゃんが立っちして歩くのはいつ!?ファーストシューズの選び方!

赤ちゃんがたっちして歩きだす姿を想像すると、少しドキドキ。 お外でお散歩ももうすぐです。

記事を読む

しゃっくりの原因!病気?ストレス?寒いから?危険!?4つの理由はこれ!

『しゃっくり』の「原因」は何なの!? 突然、『ヒック』ってなったり、1日中とまらなくて、恥ずか

記事を読む

脱水症状!?ってどんな症状?子供や赤ちゃんはココに注意!

子供の脱水症状って大変です。 特に赤ちゃんの場合は心配になってしまいます。 赤ちゃんの場合、

記事を読む

RSウイルスの症状は大人は咳?熱?妊婦さん危険!?重症化!?

RSウイルス感染症は呼吸器系に悪さするウイルスです。 このRSウイルスですが特徴として感染力がとて

記事を読む

ほうれい線!メイクで対策!目立たなくするトリックはこう!

ほうれい線ができてしまった。メイクで消したいがへたくそだから仕方ない。しょうがないから、そのままにし

記事を読む

妊娠と下痢!腹痛になりやすい!?原因と対処法

妊娠したら下痢の日が多い気がする。 体調の変化に敏感になる妊婦さんの生活。 おなかの調子

記事を読む

親知らずが痛い!死ぬの!?応急処置と怖がる前に読む記事はこちら

「親知らずが痛い。」 夜、眠れない。 「今まで虫歯になったこと無い!」 とは言わない。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おしえて!グーグル先生サイト内検索

爪の縦線!原因はこれだ!?ちょっと怖い病気の種類と豆知識

爪に縦線がある。原因はなにかな? ほら、 今まであまり気に

足のふくらはぎが痛い!疲れ冷え?意外と怖い7つの症状

足のふくらはぎが痛い。 なんとなく、違和感があったけど日増しに酷

二の腕のぶつぶつの治し方!知らないと危険!?市販薬の選び方はこう!

二の腕のぶつぶつの治し方を教えてほしい。市販薬でもクリームでも皮膚科で

爪の縦線が黒い!消したいけど原因は?病気なの!?

爪に黒い縦線が入っているけど原因はなに?ストレスのせいかな?この足の親

毛穴から黒い塊が!自分でケアとエステはどちらがいいの!?

毛穴に黒い塊ができた!っていうか、イメージ的には黒い塊が皮膚を突き破っ

毛穴ピーリング !おすすめはジェル!?皮膚科!?

毛穴ピーリング。ほら、毎日の洗顔やクレンジングをきちんとしているのに、

毛穴の黒ずみには酵素洗顔!綺麗になる理由とは?

毛穴の黒ずみには酵素洗顔がいいらしい。酵素と聞くとイメージ的にもなんだ

→もっと見る

PAGE TOP ↑