*

赤ちゃんが階段を上り下りし始めたときに気になこと。ええ!!足が速くなるの?

      

関連タグ:こども 育児, 赤ちゃん 

赤ちゃんが階段から落ちる。


歩き始めて、走ることを覚えた赤ちゃんは『ちいさな冒険』を始めますね。

あっちに行ったり、こっち行ったり。

中でも、階段は好奇心をくすぐります。

まぁ、階段のあるおうちに住んでる場合は、あかちゃんも家族の様子をみてるからわりとすぐ慣れちゃいますよね。

でも、マンション住まいなら、すぐにエレベータを使っちゃうからなかなか上手にならない感じがいたします。

そんなこんなですが、引き続き今回もIさん(二人の男の子の子育て中)のお話をまとめてみました。

赤ちゃんの階段を上り下りするときに気になこと


思い切り走れるようになると、
好奇心のおもむくまま動き回りますよね。

少しの段差をジャンプしたり、
バランス感覚がすごく良くなります。

手を引いてなら、階段もスイスイあがれるようになりました。

登るのはすぐ上手になり、2人とも2歳初期でした


うちの家はマンションなので階段があり、そこを上がりたがるので上がって練習していました。

階段は2人とも2歳3ヶ月ほどで、はじめはのように手をつきながら上がるような感じでした。

そのうち手すりや手を持って上がれるようになれますが、2歳代ではまだまだ1つ1つ段差を上がる感じです。


片方の足ずつ大人のように登れるのは3歳半以降だと思います。

手を持ってあげられる時は必ず手を持ってあげた方が危なくないですが、イヤイヤ期や自分でやりたい意思が強くなると、自分でとなるの

でその時は後ろで腰をサポートしてあげていました。


あ、このタイミグであれですが赤ちゃんと階段にまつわる動画をあつめてみますた。

1歳児の階段の降り方


斬新ですね。

知恵を絞り、この方法を編み出した感じです。


赤ちゃん 階段登り 8ヶ月


8ヶ月の赤ちゃんです。


【ニコ転】哺乳瓶を見て猛スピードで階段から降りる赤ちゃん【面白】


なかなか、かわいいです。




降りるのはまだまだ危険なので手を持ってあげます


階段を登るのは上手になっても、降りるのは2歳後半くらいからちゃんと降りられるようになりました。

はじめは登っても、降りる時はそのままの体制で後ずさりしながら降りていました。


大人からすればその方が後ろも見れないし、危ないと思うのですが、2人ともそうでした。


降りるのは少し恐怖心があるみたいではじめは怖々やっていましたが、手を持ってあげればそのうち一歩ずつ降りられるようになります。

公園に行けば滑り台があるので、その階段で練習させるのがおすすめです。

小さい子供用の滑り台は階段数も少ないし、手すりも両側についているので危険性も少ないです。

発達には個人差がありますが、保育園に早くから通っている子供は階段を登る事も多いでしょうからもっと早くに覚えると思います。

遅くても幼稚園にあがる頃までにはかなり発達していると思います。

階段の上り下りも検診で聞かれたり、発達の目安として平均年齢がかかれていますが、あまり気にしなくて良いのではないでしょうか。

ただバランス感覚は外に沢山出て運動する事で発達していくと思います。


ここで身体の能力のためのワンポイントめも



A、階段を降りるときに使う筋肉って、どこだかわかります?


Q、太ももも、ふくらはぎも裏側の筋肉を使います。

意外かもしれませんが、表の筋肉ではなくて裏です。

で、この裏側の筋肉って足運び、地面をける力のもとになります。

なので、足を速くするならこの裏側を鍛えるのが大切です。


そうです。

階段を下りるときに使う筋肉は将来のかけっこに有利になる可能性が極めて高いわけです。

しかも、片足立ちになるのでインナーマッスルにも効果的。

運動神経のよいこに育てる秘めた裏技ですね。


お試しください。


本日のまとめ

赤ちゃんが階段を上り下りし始めたときに気になこと。ええ!!足が速くなるの?
  • 登るのはすぐ上手になり、2人とも2歳初期ころ

  • 降りるのはまだまだ危険なので手を持ってあげます

  • 階段を降りるときに使う筋肉は足を速くする筋肉が鍛えられる





身近なものがすべてが発達に刺激を与えてくれるわけですな。

できるだけ、経験を積ませて成長をうながしたいものですね。




スポンサード リンク

 

もし少しでもご参考になりましたら、ソーシャルで共有いただけると中の人が小踊りして喜びます♪

おすすめの関連記事たち♪

よろしければ、ご参考にこちらの記事もどうぞ♪

そしてさらに関連記事たち

かかとが痛い!痛風?骨折?こどもも注意!?踵が痛い3+1のケガと症状

かかとが痛い。もしかして痛風? ほら、痛風と言えば足の親指が痛むって思いがちです。

記事を読む

安産祈願で水天宮へ!戌の日は混雑?どうやって行く?

妊娠も5ヶ月目を迎えると、安産祈願の 戌の日が気になってきます。 戌の日の安産祈願と言えば

記事を読む

産後ダイエット!授乳中は危険?運動?食事?6つの安全で効果的な方法

授乳中の産後ダイエット。 あせります。 産後太りでダイエットをなめた結果[/captio

記事を読む

妊婦は栗を食べても大丈夫?驚きの栄養と注意点?!

栗は妊婦さんが食べても大丈夫なのか? ほら、季節の味覚が食欲をくすぐりますよね。 栗は秋から

記事を読む

上島システムとは?子育ての悩み解決!?

上島システム? なんじゃそりゃ?   って疑問符が浮かびますが、もしかし

記事を読む

新生児が笑うのはいつ?新生児微笑ってなに?

新生児をもつママさんはやっぱり、 早く笑顔が見たくて楽しみでたまりませんね。 赤ちゃんは新生

記事を読む

GDPとは?わかりやすく子供に説明するにはコレだ!

GDPってニュースでアナウンサーが話すたびに、 あたかもわかっている感じで聞いているけど、

記事を読む

4月生まれの誕生石は水晶?ダイヤモンド?どちらが良いの?

4月生まれの誕生石は水晶?ダイヤモンド?どちらが良いの? 4月生まれの場合、誕生石に悩んだ

記事を読む

熱が何度も出る

熱が何度も出る!気になる病気はこれだ!【こども注意】

熱が出る。何度も。下がったと思ったら再び高熱が。 こんなとき、心配になっちゃいますよね。。

記事を読む

対策!寒い部屋の防寒はコレだ!部屋を暖かくする3つの方法

対策は無いの!?この部屋の寒さはしゃれにならん。 外にいるのと変わらん! ってお

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おしえて!グーグル先生サイト内検索

高齢のほうれい線?30歳!?40歳!? 焦りは禁物!対策はこうだ!

『30才を過ぎたあたりからたらほうれい線がでてきた。』 『35才

ほうれい線予防!ガム!?食事!?たるみ対策のコラーゲンおすすめのメニュー

ほうれい線予防にガムとか食事でケアして毎日続ける。注目したい対策です。

ほうれい線は遺伝?ケア方法はどんなのがあるの?

ほうれい線は遺伝なの? ほらお母さまのお顔をみていると、年輪のよ

老け顔の特徴! ほうれい線?口元のたるみ?対策はここから!

老け顔の特徴はほうれい線にあり!なのでほうれい線を薄くする対策やコツを

ほうれい線の治療方法!注意!美容クリニックに行く前に!

ほうれい線で本気で悩んでいる。 いっそのこと美容クリニックでほう

→もっと見る

PAGE TOP ↑