入学祝いの相場を知りたい!いくら包めば大丈夫?

入学祝いの相場を知りたい!いくら包めば大丈夫?

春の日差しが暖かく感じられる頃、入学を心待ちにしているご家庭も。

子供の成長は早いですね!

そんな子供の門出を祝って入学祝いを・・・と思っても、いったいいくらが相場なの?

少なすぎても、逆に多すぎても気を使わせてしまうし・・・。

では相場を学年ごとに出してみましょう!

 

  • 小学校入学
小学校入学は、幼い幼児から児童へと変わるとき。

ちょっぴりお兄さん、お姉さんになった気分です。

では入学祝いの相場とは・・・続柄によっても変わってきます。
 
続柄金額
10,000~50,000円
親戚10,000~30,000円
知人3,000~5,000円
 
 

 

 

 

 

 

やはり祖父母から孫への金額が一番高いですね!

まして初孫だったら可愛いです。

あとは甥っ子や姪っ子などの親戚関係。

お祝いをいただいたことがあれば、必ず渡しましょう。

 

 
  • 中学校入学
少し大きめの制服に袖を通し、雰囲気がガラッと変わりますね。

いままで子供だと思っていたのが、制服を着るだけでさらなる成長を感じさせます。

中学校から学校指定の物が増えてくるので、揃えるだけでも大変です!
 
続柄金額
10,000~100,000円
親戚10,000~30,000円
知人3,000~5,000円
 
 

 

 

 

 

 

こちらも祖父母が渡す金額が変ったくらいで、小学校入学と差はありません。

やはり親戚はあるていど金額は固定されますね。

多くてもお返しが大変です。

 

 
  • 高校入学
高校はまた感じが変って、義務教育を終えて自分の志望校へ進むという意味でも大きな転換期です。

入学を心から祝いたい気持ちがありますね!
 
続柄金額
10,000~100,000円
親戚10,000~30,000円
知人3,000~5,000円
 
 

 

 

 

 

 

こちらも金額は中学入学と変わりません。

結局お祝い金というのは一定の金額で固定され、あとはご家庭のお財布事情の問題が大きいかなと・・・。

多く渡されても、こちらが渡すときになると同じだけ返すことになるので、お互いその辺は考慮したいものです。

祖父母は例外で、実際に渡すお祝い金は多くなるのかなと思います。

 
  • 大学入学
どれだけ努力したかによるのではないでしょうか?

例えば小学校からエスカレーター式で大学生になる場合もあれば、どうしてもこの大学に行きたい!と猛勉強して合格した場合とではちょっと差が出そうです。

その努力を知ることで、つい多めに包む場合もありそう。
 
続柄金額
30,000~300,000円
親戚10,000~50,000円
知人3,000~10,000円
 
 

 

 

 

 

 

相場も金額が上りますが、親戚でも親密度によります。

大学生になるともう大人なので、それなりの金額になってしまうようです!

祖父母の相場は10万円が多いようですが、大学生で一人暮らしを始める場合はそれ以上になるケースも。

親元を離れる場合はそのことを考慮して渡しても良さそうですね。

 

 

入学祝いはどのタイミングで渡したほうが良い?

あまり会う機会がない場合は、帰省した時に渡しても問題はないでしょう。

郵送で送るのも良いですが、手渡ししたほうが気持ちも伝わりそうですね。

また、近くに住んでいる場合は、できれば遅くても3月末ごろまでには渡したほうが良いでしょう。

必要な物を購入したい場合もありますし。

もしタイミングが合わなくて渡せなかった場合は、入学後でももちろん大丈夫です!

春はなにかと忙しいので、大型連休の時や、親戚が集まった時にでも渡しましょう。

子供の人数が多いと大変ですが・・・。

 

まとめ

基本的に入学祝いの相場は10,000円と考えても良さそうです。

もちろん例外もありますが、身内の親戚どうして金額が固定されている方が楽だし、気兼ねすることもありません。

入学祝いの他に、プレゼントということもありますが、その場合お祝いの金額を少し控えても良さそうです。

また、大学生で一人暮らしをする場合は、生活用品をプレゼントするのも喜ばれます。

お祝い金を一人暮らし用に使うことを考えると、必要な物をプレゼントしてあげるとお祝い金が有意義に使えそう。

そんな入学祝いですが、お祝い袋も用意しておかなければなりませんね!

 

コメント

error:Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。