共依存恋愛?克服するためにできること

スポンサーリンク

共依存は恋愛で起きることが多いです。

これは相手に自分の価値を求めてしまうため。

「イケない!」

って思っていても克服するには
ある意味覚悟が必要です。

042

ほら、例えば

彼氏が出来てとっても幸せ

だけど、

彼氏の問題やお世話に夢中になっている気がする。
相手の幸せ自分の幸せのような感覚になることがある。

こんな感じで、

相手に必要にされていることで幸せな気分になる
というあなた

それって、共依存症の可能性が高い状態。

今回は『共依存恋愛の克服』についてまとめました。


早速。




共依存症の問題とは?

共依存症というのは、
他人が自分を必要としてくれることで
自分の価値を決めるような状態


つまり、自分の存在価値はあくまでも他人が決めてくれると感じている心の状態

くわしく言えば、

例えば、暴力をふるう夫とそれに耐える妻の関係、ギャンブル依存者の借金を穴埋めする家族、支配的な親と愛情を受けたい子供の関係、相手から愛されることが目的となっている恋愛関係などがある。この観点から、自立できない子供のパーソナリティ障害・恋愛における自己愛的な障害

引用元 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B1%E4%BE%9D%E5%AD%98

障害とまで言われちゃいます。

で、恋愛の場合、主にチェックポイントとして

  • 常に彼のことばかり頭に思い描いてしまう、
  • 彼が居なければ生きていけない気分になる
  • 彼に認めてもらいたいと常に感じてしまっている


こんな状態が続いていると、今彼に対する共依存症恋愛。
つまり、彼に依存をしている心の状態を言います。

こうなると、

彼にも自分の事を常に見ていてもらいたい!
自分に関心を向けていてもらいたい!

って思い描くようになり、

相手にしてもらえないと、

「彼はひどい人だ!」

って感じてしまい、
自分に関心が無いのだと
落ち込む原因になってしまいます。


共依存の人の恋愛対象は自分の存在価値を感じられる人を選びがち


自分が相手にとって必要不可欠な人となるために、
  • アルコール依存症の人
  • 仕事や金銭面で問題を抱えている人
  • 情緒不安定な人


などといった、自分が救いがいのある人を選ぶようになってしまいます。

救いがいのある人を相手として選び、
自分が尽くしたり
我慢をすることで、

自分の存在価値を感じる癖ができてしまいます。

このような恋愛をしている場合、

相手のために何かをしてあげたことに対して、
相手が思ったようなリアクションを返さなかったとき
激しく落ち込む

そして、相手に対して怒りの感情が酷く湧き上がってしまい、
気持ちが「とらわれてしまう」傾向が強いです。

気を付けたいところですね。

スポンサーリンク


自己肯定感が薄い人は注意

このような共依存の状況に陥りやすいのは、
  • 自己肯定感が薄い人
  • 自分で自分を愛することが出来ない人。
  • 他者から好意を得ることでしか自分の存在価値を見いだせない人


この為、彼氏などの近しい人の好意を得ようとして
自分を犠牲にするような行動を繰り返してしまいます。

心のこだわりを変える

ではどうすれば克服できるのか?

自己肯定したくなる衝動が現れると、
恋人に考えが行ってしまう為、
自分を見失ってしまいます。

そして嫉妬にも似た感情につつまれ、
勢い、相手や自分を全否定してしまいます。

もうちょっと言えば

ネガティブな思考に支配されてしまう。

こんな、非常につらい悪循環
負のスパイラルに包まれます。

勢い、サイコパス扱いになりかねません。

自覚症状のあるうちに、
対処しておきたいところです。

で、この克服つまり、
対策ですが非常にシンプルに言います。


ズバリ、

「他に、夢中になるものを見つける」

これに尽きます。

思考や心はある意味習慣化されちゃいます。
パターン化します。

なので、少しでも彼に対するこだわりがでてきたら、
意識的に別の趣味やイベントに気持ちを向ける訓練が
効果的です。


本日のまとめ

共依存恋愛?克服するためにできること
  • 自分が共依存症だと気づいたら、
  • 自分としっかり向き合い
  • 自分の価値を自分で認めていく必要がある
  • 相手に自分を認めてもらうのではなく
  • 自分で自分を認めていく
  • 相手に執着心やこだわりを感じそうになったら、別の夢中になれる物事に気持ちを振り向ける
  • 共依存の状態から抜け出し、そこから二人の関係を構築していくことが必要。

共依存症は相手に問題があるのではなく、
自分の心のベクトルをどこに向けるかに問題があります。


自分の価値を自分で認め、依存をする関係ではなく、
恋人と尊敬しあい、共に生きるような楽しい恋愛をしていきたいですね。

恋愛
スポンサーリンク
シェアしていただけると中の人が小躍りして喜びます♪
猫の手も借りたい

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。