日大アメフトの悪質タックルは傷害罪!?逮捕?退部で済むの?アメフト経験者が語る問題点はここ!?

学生生活

日大アメフト部悪質タックル傷害罪を問うくらいの危険なタックルです。動画で見る限り、関西学院の選手には落ち度はありません。(日大を日体大と勘違いしてる方が散見します。。そこは訂正しましょうよ。)


ネットやTwitter、テレビの論調を見ると、いくつか流れがあります。


・日大アメフト部に対する批判が続出
(過去にもダーティーなプレー)
⇒ これは実際にアメフトに関係する人たちやアメフト好きパターン

・「アメフトだけじゃない」と他の日大体育会に対する批判続出
⇒ 大学の体質を問題視するパターン。

・内田監督に対する批判
⇒ 悪の根元、ラスボスを見つけたいパターン。
内田監督は日大の副理事長。臭いますかね。

・日大関係者と日大生による反撃→痛恨の一撃、嘘や矛盾を指摘され逃亡
⇒ 収集つかない水掛け論や野次馬系の煽りもあれば、確信をつくような鋭い指摘までいろいろ有り。


問題点はどこか?


これは既にボールを持っていない保護されるべきの相手チーム関西学院大学のQBへの、レイトタックルという点でも大問題だからです。


私自身学生時代の四年間をアメフト部にいたので、ニュースを見たとき焦りました。

テロップをみて、そんな大げさな。

と思ったものの、その後流れた映像は「あ、潰しに行った」

と、一目でわかる悪質なタックルでした。

アメフトを見たり、やったことのある人間ならだれもが、故意による反則、つまり『わざと』だと言い切れるほどのプレーです。

しかも、日大の91番の選手(DL:ディフェンスライン)は躊躇することなくタックルに行っていますしね。

QBの直前でボールを追う選手が引き返す姿からわかるように、ボールを持たない選手へのタックルは不自然だからです。

危険なラフプレーを越えてる、日本大学アメフト部と関西学院大学アメフト部の試合(定期戦)の動画がUPされていました。
こちらです。

悪質 日大アメフト部員の危険タックル、その一部始終

【悪質】日大アメフト部員の危険タックル、その一部始終

アメリカンフットボールは防具をつけているとはいえ、選手を守るためのルールは厳格です。

特にボールを投げる、渡す、時に自ら走るポジションのQBはルールとしても、紳士協定的にも保護されるべき選手です。

しかも、敵チームのQBをラフプレーでつぶしにかかるなら、おのずと敵チームから自チームのQBも同じ目にさらされる危険性があります。

なので、つぶし合いとならないよう、ルールを遵守したプレーが義務付けられています。

これは、個人的な感情論だけで言っているわけではなく、私自身が大学で4年間アメフト部にいた中でルールやモラルとして学んできたところです。

また、元東大法学部教授で現東京大学先端科学技術研究センター教授の玉井克也氏のツイートを引用すると


とツイートしています。

試合中の出来事とは言え、その範疇を越えているのではとの見解です。

単純に本人を退部させました、退部しましたって次元の話では無いのでは?

との話です。

ちなみに、障害罪とは?

傷害罪とは

ずばり、こちらもWIKから。

傷害罪(しょうがいざい)は、人の身体を害する傷害行為を内容とする犯罪であり、広義には刑法第2編第27章に定める傷害の罪(刑法204条~刑法208条の2)を指し、狭義には刑法204条に規定されている傷害罪を指す。
※引用もと https://ja.wikipedia.org/wiki/傷害罪

ずばり、人の身体を害する傷害行為のことです。

日大の場合は同なのでしょうか。

実際、こんな凶暴凶悪なプレーが日常的に行われたら、スポーツじゃないですよね。

格闘技だってルールあるのに。

また、この件、ニュースでの報じられ方はこうです。

ニュースから考える今後の展開

試合が行われたあと、10日ほど後です。

悪質なタックルは6日に都内で行われた定期戦で発生。日大選手が、無防備な状態の関学大クオーターバック(QB)に背後からタックルするなど複数回の反則行為を繰り返した。
QBは右膝軟骨損傷と腰の打撲で全治3週間との診断。その後、左足のしびれも訴えたため、西宮市内の病院で精密検査を受け「椎間関節のよじれによるもの」(関学大関係者)と診断された。

スポーツ報知 5/15(火) 6:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000261-sph-spo

このタックルをした選手、何度もラフプレーを続けていたようです。

タックルされた選手も選手生命を失いかねない、怪我をしています。

記事を読み動画を見返すといくつか疑問が出てきます。

・最初の凶悪なタックルは反則になっていないのでは?
・この日大の選手、普段からこんなプレーをしていたのか?
・指示があったのか?
・誰かを忖度して行ったのか?
・監督の対応は?
・大学の対応は?

このニュースなにやら根が深い気がします

本日のまとめ

日大アメフトの悪質タックルは傷害罪!?逮捕?退部で済むの?アメフト経験者が語る問題点はここ!?
  • 関西学院大学と日本大学のアメリカンフットボールの定期戦で悪質と言えるタックルがあった
  • その後も何度かラフプレーがあり退場
  • ラフプレーをされた選手は靭帯損傷
  • 監督、大学の対応がいまのところ見えない
今後も注視し、随時更新して参ります。
言葉の解説
・QB:クォーターバック。
略してキュービーと呼ばれたりします。
野球でいえばピッチャーの動きとキャッチャーのように試合運びを考える頭脳的で重要な役割です。
指揮官といわれるチームの要(かなめ)のポジションです。・レイトタックル:プレイに区切りがついてるところで、タックルをする行為。区切りがついて無防備な選手へのタックルはルール上も危険行為とみなされている反則です

・DL:ディフェンスライン。プレイ開始で横一列に並びの攻撃陣を切り崩す役割。当然攻撃側はOLオフェンスラインと予備、相手ディフェンスを切り崩し、ボールを持つ選手が走り抜ける道を切り開いたり、パスのときはQBを守る要。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました