トイレが近い!病気かも!?原因と対策はこうだ!

トイレが近い。病気かも。
原因と対策は?

トイレが近い病気原因?

最近やけにトイレに行く回数が増えた。
いわゆるトイレが近い。

とくに、体調も気分も悪くない。

でも、例えば

朝、晩冷えてたりすると
トイレが近い。

トイレに行っても直ぐまた行きたくなる。

実は、こんな症状で悩んでいる人ってたくさんいたりします。


トイレが近いってことは、
いわゆる「頻尿」(ひんにょう)なのか!?



一般的に、

尿をするの回数が増える症状を「頻尿」って言います。


この頻尿は、

・1回の尿の量が多い多尿の場合
・頻繁でも残尿がともなう尿の量が少ない場合


2つにとに分かれるようです。

では、この頻尿、いったいどんな原因があるのでしょうか?
そして、どんな病気が考えられて、どんな対策できるのでしょうか?


今回は「トイレが近い!病気かも!?原因と対策はこうだ!」って感じでまとめてまいります。

では、では。


トイレが近いけど頻尿なの?


まぁ、オシッコにいく回数をカウントするなんて
あんまりしませんが、いったいぜんたい
どれくらいの回数トイレに行けば、頻尿なのか?


頻尿の基準

頻尿の基準についてですが、一般的に通常
排尿(はいにょう)はだいたい一日に6~8回くらいです。

これが頻尿の人になると、2時間も我慢できずに
一日10回以上にもなるそうです。

どうでしょうか?


頻尿は原因や症状で違う?

頻尿の原因には、膀胱前立腺などの病気が理由なものと、
特に原因がない場合があります。

いわゆる頻尿は、
昼も夜も通して起こる状態です。

昼だけとか、夜だけって場合は「普通」の場合が多いそうです。


頻尿の時の病気の種類によって、
他の自覚症状がどうかが
大きな判断材料になります。

例えば、

・排尿の時に痛み不快感がある
膀胱炎前立腺炎が考えられます。


膀胱炎や尿道炎では、
尿検査で細菌などの異常が認められます。

尿の検査により診断できるものも比較的多いので、
受診されることも大事かもしれませんね!


他の症状として最も多いのは、

尿の回数が増えているのに、他の自覚症状がなく、
・おしっこの量もほとんど出ない少量の場合です。
⇒膀胱内の腫瘍などで膀胱の容量が少なくなっていたり、
 女性の場合は子宮筋腫卵巣腫瘍などで
 膀胱が圧迫されていることを考えることが必要かもしれません。


ちょっと怖い感じがしてきますね。

スポンサーリンク



原因に応じた対策は?

原因ごとに対策を3つに整理してみます。

1.病気が原因の場合

まず、病気が原因の場合ですが、

炎症などと言った検査で診断された場合は、
速やかに早期治療に努めましょうね。
その際、効果的な方法も多くありますので、


さらに、

2.ストレスが原因の場合

ストレスが原因の場合は

症状が色々で判りにくいのが特徴です。
一般的には、神経性頻尿と呼ばれます。

この対策はストレス軽減が一番ですが・・・・軽減できないから、なったのですが。

ストレスが原因だと心因性も考えられますので、
泌尿器科と合わせて心療内科の受診も考えましょう。
段階的に、徐々に進めることをオススメします。

もうひとつあげるのは、

3.加齢にともなう場合

加齢です。

だれもに等しくやってくる、華麗もとい加齢です。

年をとると、どうしても筋肉などが低下して運動不足になったりします。
よって、汗のかく量など減ったりして尿の回数も変わってきますよね!

高齢者になると主に
尿漏れや失禁、夜間頻尿などの症状が出てきます。
原因として、腎臓機能の低下脳疾患心疾患などの病気も考える必要が出ます。

それは、

「トイレに行き、頭と体が排尿に対して一緒でなくなること」です。

極端に言いますと

“頭で尿を出したつもりが、体は出ていない。”
という事が起こり得るという事です。

その場合、
心療内科や専門のケースワーカーなどに相談するのが最善だと思います。

今回のまとめ

トイレが近い!病気かも!?原因と対策はこうだ!
  • 痛みなどの自覚症状がある ⇒ 膀胱炎や尿道炎が考えられる
  • おしっこの量がすくない又は無い
      ⇒ 膀胱が圧迫されて容量が少なくなってるかも。
        女性なら子宮筋腫や卵巣腫瘍などの可能性も。
        男性なら膀胱内に腫瘍かも。


頻尿について様々なケースで紹介しましたが、いかがでしたか?

判断がとても難しい場合が多いかとおもいます。
しかし、一番大事なのは、
「頻尿は恥かしくない」
という理解をすることだと思います。

悩んでいる方も多いです。
しかし、
恥かしくて隠しておられる場合も多いのです。

隠していると解決には近づけないでいるケースが多いはずです。
また、自身が気づいていない場合も考えられます。
その場合も、毎日の観察が大切です。

頻尿もほかの病気でも規則正しい生活が
もっともモノを言うのではないでしょうか。

コメント

error:Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。