年上部下の叱り方!注意したい2つのポイント!?

年上の部下が出来た。
でもあんまり言うこと聞いてくれない。

部下というほどではないが、
まわりの人たちに色々指示して
仕事を進めなきゃいけない。

でも、

頼んだことをやってくれない!
報告が無い!
ミスばっかりじゃん。
サボってるようにしか見えない!


ってコトもあります。

年下部下叱り方

怒りたい
叱りつけたい


そんな衝動に駆られます。

でも実際問題、
どうすれば指示に従ってくれるのか?
さてさて、そんなこんなで

今回は「年上部下の叱り方!注意したい3つのポイント!?」ってことで

年上の残念な部下を持った場合の
叱り方のポイントをピックアップします




ポイント① 面子をつぶさないようにする 

部下といっても年上。
会社をはなれたら人生の先輩。
経験値が違う。

なので、
普段の接し方は
敬語や丁寧語を使った言葉遣いを心掛けるのが
ベター。

ほら、上司が年下とかってだけで
やけに反感を抱いいて、
不満を募らせる人も多いです。

そんな部下に対しては

高飛車に指導や命令指図しちゃうと
人間関係が壊れかねない。
全体の雰囲気も悪くする原因にも。

しまいにはあいつは
「うまく人を使えない」
「マネージメント能力がない」
「人間的に駄目なんじゃねぇ?」


などと言われかねません。

これを防ぐにはこちらから露骨に
失敗や間違いを指摘したり改善を求めないようにして、
プライドだけは保ってあげる。

そして、例えば

「ここの数字ですが。もう一度確認願えますか?」
「取引先が怒っているようです。原因が何か調べてもらえますか?」


といった感じで、

相手が自らの失敗に気付くように
声を掛けるのがベスト。



ポイント② 「頼る叱り方」が効果的 

年上の部下に対しては、
日頃から「頼りにする」体(てい)で接するのも重要。

これは後々、指示や指導する場合に
威力を発揮してきます。

それから、なにかと面倒な事案やトラブル時にも
仕事をふりやすくなります。

そして叱るときには

「頼るイメージで叱る」
がおすすめ。

例えばこんな言い方。

「こう変えたいのですが大丈夫でしょうか?」

頼りにしていると伝えつつ、
改善を命じるような叱り方です。

ほら、年齢問わず
人は頼りにされていると感じると
相手に好感を覚えるじゃないですか。

その辺りを意識して仕事をしていると

きっとよき上司として
部下の方からなにかと相談してくれる
ような関係が築いていけることでしょう。




本日のまとめ

年上部下の叱り方!注意したい2つのポイント!?
  • プライド(面子)をつぶさないようにする
  • イメージとしては「頼る感じで叱る」

まじで、厳しく叱る場合
  • 「とても残念です」
  • 「信じていたのに残念です」
  • 「信じていたのですが無理だった様ですね」

仕事をする女子は大変なことも多いですよね。
少しでもヒントになればと。。


あ、そうそう。

それから、言葉遣いが気になることも多いです。
なんで上司にため口なんだ!

自分より年上ってだけで、
仕事もできないくせに上司にため口ってなに!?

ってね。

でもね、それは単純に
まだ上司として認知されていない可能性も否めません。

特におっさんの部下をもった女子の場合。


でもこれは、時間が解決することが多いです。

適切な指示仕事の成果や結果が見えてくると
自然と丁寧語や敬語に変わります


変わらないヤツは感性が鈍すぎる駄目な人が多いですね。

3ヶ月位たっても、
あまりにも馴れ馴れしくエラそうな場合、

ふとしたタイミングで
「気になったていたのですが、せめてお客さんにはタメ口は謹んで頂いてますよね?」


などと確認してみるのも有効。

コメント

error:Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。