家庭用脱毛器!お肌のトラブル!?購入前に注意したいポイントはこの3つ!

家庭用脱毛器で失敗した!』『お肌のダメージがひどい』って話をを聞くとビビりますね。


脱毛器でつるつるのお肌を手に入れたい!

とか、

ムダ毛の処理をもっと楽ちんにしたい!

って野望と悩みを抱え、いざ家庭用脱毛器を物色し始めると

『いまいちよくわからん!?』

ってなりますね。

機種やメーカさんによっていろんなタイプがありますし。

ですが、実際問題、どんな使い方をするものなのか?よくわからないまま購入してしまうと、正しく使っているつもりでも肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。





人の肌はとても敏感です。


なので、その日の体調によっても肌の状態は変わってきます。


それに、敏感肌アトーピーの場合、

脱毛器検討中女子
家で脱毛したいけどどんな使い方するの?

カミソリ負け女子
肌を傷つけたりしないの?


なんてところは気になるところです。


なので今回は家庭用脱毛器の注意点をシンプルにまとめてみました。

少しでも肌トラブルのリスクを軽減できるよう、家庭用脱毛器のより安全な使用方法を襲えておきたいところです。


購入前に必見です。


家庭用脱毛器で起こり得る肌トラブル

家庭用脱毛器による肌トラブルには、
主に
■主なトラブル■

・ヤケド

・埋没毛

・毛穴の炎症
などが挙げられます。



そもそも、家庭用脱毛器は基本、カミソリによる除毛とはちがって同じところを毎日やるもんじゃない

ここは初めて使う場合は注意したいところ。

細胞の生まれ変わるサイクルに沿って使用です。

半年とか一年かけて脱毛するイメージ。

気合い入れて毎日使うと肌にすんごい負担をかけます。





日本で一般的に使われているフラッシュ式の脱毛器だと、ヤケド毛穴の炎で困った状態になることが多いです。


こんな場合は当てる光の強さに問題があります。


フラッシュ式の脱毛器の場合、たしかに弱すぎると効果が出にくいですが、効果を出したいからといって光を強くし過ぎるのは肌への負担が大きくなりすぎてしまうので絶対にやめましょう。

せっかく、つるつるの肌を目指して脱毛するのに、かえってひどく荒れてしまうことにもなりかねません。

まずは弱い光で試していくことをおすすめします。


また、ヤケドを防ぐためにもフラッシュを当てる前にお肌をしっかりと保冷剤などで冷やしておくことも大切です。

可能であれば専用のジェルなどを用意しておくと良いでしょう。

そして、体調にも気を配る必要があります。

女性の場合は特に、普段は平気でも生理の関係で肌が荒れやすくなったり敏感になっていることがあります。

できれば生理前生理中の使用は避けたほうが無難です。

スポンサーリンク



埋没毛を引き起こしやすい脱毛器とは?

埋没毛とは埋もれ毛とも呼ばれ、毛が皮膚の下に潜り込んでしまっている状態のことです。

なぜこの埋没毛ができるのかというと、傷ついた毛穴にかさぶたができて塞がり、中の毛の出口がなくなってしまうことで起こります。

外に出られなくなった毛は、皮膚の中伸びてしまったり、とぐろを巻いたようになったりするのです。

そうなった肌は、見た目にもとてもきれいとは言えません。

このような状態は、フラッシュやレーザー式のものよりも毛を抜き取るタイプの脱毛器で発生しやすくなります。

このような脱毛器は毛の生えている方向を無視して力任せに引っ張るため、途中で切れてしまうことが多いのです。

その結果埋没毛となってしまう事が多く、肌トラブルの大きな原因になります。

値段は比較的安いものが多いですが、そういったことを考えると、このタイプの脱毛器はあまりお勧めできません


アフターケアは念入りに

肌トラブルを防ぐためには、脱毛後のアフターケアがとても重要となってきます。

熱でダメージを受けた肌は、保冷剤などを使ってしっかりと冷やしましょう。

普段の生活では与えないほど大きな熱を与えた肌は、通常よりも乾燥しやすくなっています。

保湿クリームなどを塗っておくこともわすれないようにしましょう。

肌トラブルを防ぐだけでなく、しっかり保湿できている肌は脱毛の効果もアップするといいます。

せっかく脱毛しても、その後のケアが行き届いていないと台無しになってしまいます。

サロンではなく自分で行う分、家庭用脱毛器を使用する際には自分でしっかりとお肌を守る工夫をしていく必要があるのです。


本日のまとめ

家庭用脱毛器!お肌のトラブル!?購入前に注意したいポイントはこの3つ!
  • フラッシュ式(光)は火傷に注意

  • 最初は弱い光で試すこと

  • お肌を冷やしてからおこなうこと

  • 毛を抜き取るタイプの脱毛器は埋没毛に注意

  • アフターケアは念入りにすること

  • カミソリによる除毛とは違い、毎日使うもんじゃない

  • 半年とか一年かけて脱毛するイメージ


3つ以上ありますな。



家庭用脱毛器が思わぬ肌トラブルを起こしてしまうことがある。

ってところをしっかり頭に入れておきましょう。

どんなに優れた脱毛器でも、使い方を誤ればヤケドや炎症を起こすことにも繋がります。


安全に効果的に脱毛するにはまず第一に、使用方法をきちんと守って正し脱毛することが大切です。


また、たとえ使用方法を守っていたとしても、自分の肌や体の状態によっては重大な肌トラブルを引き起こす可能性もあります。


それを避けるためにも、生理前後や体調の悪い時に無理に脱毛しないように注意です。


そして、脱毛後はしっかりと保湿ケアをすることで、肌の乾燥や炎症を防ぎ脱毛効果をアップさせてくれます。


細かい部分にはなりますが、できる限り肌を傷つけないためにも以上のことをぜひ守って安全に脱毛してくださいね。

コメント

error:Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。