6月生まれの性格はこう!仕事と恋愛はこんな感じ!?

6月生まれの性格。

春の生命力と来るべき夏に向けた躍動感。

そんな6月生まれはどんな性格になのか?


6月生まれの性格


傾向と気になる仕事と恋愛について、
大好評、推定30代女子にお願いして書いて頂いた、刺さる性格診断です。





早速見て行きましょう。

6月生まれの性格(総合)

地球上の生物たちが活動的になる時期に生まれた6月生まれは活動的かつ楽観的な性格です。

周囲とのコミュニケーション力にも優れ、友人も多く、常にアイドル的存在となっているでしょう。

また、くよくよ悩まない性格で、たとえ何か失敗をしてもひどく落ち込むことがないのも6月生まれ特徴と言えます。

頭の回転も速く、弁も立つため、会議などの場面では常に頼りにされる存在でもあります。

世の中のトレンドには常に興味があり、ファッションなども最先端の流行を好む傾向にあります。

いろいろなことにチャレンジ精神旺盛ですが、熱しやすく冷めやすい性格でもあるためすぐに飽きてしまうことも。

一度興味をなくしてしまった人やモノには、まったく見向きをしなくなってしまいます。


スポンサーリンク



仕事面での性格は?

社内のさまざまな人と仲良くなれるため、コネを作りやすく社内では自分のやりたい職種に進むことが比較的容易。

仕事で失敗をしても、それほど凹むことはなく失敗をばねに次へ進めるため、上司からは鍛えがいがあると思われている。

所属している部署以外にも、仲の良い同僚が多い。

口が達者で頭の回転が速いので弁護士などに向いている。

仕事のコンペなどがあれば一生懸命取り組むが、途中で自分には無理そうだと思ってしまうと、一気にやる気がなくなり投げ出してしまうことも。


恋愛面での性格は?

異性との出会いでは、内面よりも第一印象が大切だと思っている。

一目ぼれをしやすく、好きになったらとことんアプローチをするが、ふとした拍子に気持ちが冷めてしまい突然興味をなくすこともあり、相手を惑わすことがよくある。

交際が長く続きにくく、すぐ他に好きな人ができてしまう

デートは、2人きりで遊ぶよりも仲間たちと大勢でワイワイ遊ぶのが好き

熱しやすく冷めやすいタイプなので、結婚をしても比較的すぐに離婚、もしくは家庭内別居に陥ってしまうことも多い。


本日のまとめ


活動的でお調子者でもある6月生まれの方は、いるだけで周りを明るい雰囲気にできる天性がある。
そのため、時には他人から嫉妬されることもある。
がしかし、持ち前の明るさで行動をしていれば、その相手さえもあなたのファンになってしまうでしょう。

いろいろなことに積極的に行動できるのは、素晴らしいことですが、やや飽きやすいのが難点です。

一度やると決めたことは、最後まで諦めず頑張れる強い精神力を身に付けられれば、今後の人生はさらに輝かしくなるはずです。

コメント

error:Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。