ドレスコードカジュアル男性編!カジュアル?いったい何を着れば良いの?

スポンサーリンク
仕事

スポンサーリンク

ドレスコードのカジュアルって男の場合、ジーパンとTシャツになっちまうけどそれでいいの?

だめなら、スーツを崩した感じでかっこよく決めたいなんて思ったりしますね。


まぁ、ご年配のおじさまであればカジュアルと聞けば一律『ゴルフウェアー』見たいになっちゃいます。


スポンサーリンク

ドレスコードカジュアル男性編!カジュアル?いったい何を着れば良いの?

とにもかくにも、「ドレスコード」と聞いただけで男子なら「えっ!」と拒否反応する人も多いのでは。

今回はそんな男子のためのドレスコードについてです。

さてさて、

ドレスコートといっても幾つか分類があり、フォーマル、スマートカジュアル、カジュアルの4つあります。

なもんで、呼ばれた先の会場や、集まりの内容にもよりますが、中でも「ドレスコードカジュアル」と言われた場合・・・、頭を抱えてしまいそうです。

男性の洋服選び ドレスコードカジュアルって・・・?

なんとも理解しがたいドレスコードカジュアルですが、カジュアルなら普段着でもいいの?と思われがちです。

ですがカジュアルといっておきながら普段着とはちょっと違います!

正装よりも堅苦しくなく、かといって普段着ではない恰好・・・、理解ができません!

洋服を選びましょう!ドレスコードカジュアルの服!

正直お店によってドレスコードの基準が違ってくるのも事実です。

ですが今回は安全ライン、これなら大丈夫!とう洋服選びを提案します。

一番手っ取り早いのが襟付きのシャツにジャケットです。

ですが、

ジャケットがありません!

という方もいるので、ジャケットはドレスコードカジュアルの場合着用しなくても大丈夫な場合が多いです。安心して下さい。

では、安全ラインの洋服をピックアップしましょう。

襟付きのシャツ

オーソドックスな白のシャツ、ストライプのシャツなど清潔感のあるシャツ。

チェックなどのカジュアル過ぎるシャツは避けましょう。

Vネックのニット、カーディガン

冬場の場合はシャツの上に重ね着しても素敵です。

あくまでもシックな色味のもので、シャツとコーディネートして下さいね!

パンツ

チノパンかスラックス。

茶系やベージュ系だとコーディネートもしやすいです。

できれば革靴。着て行く服装にもよりますが、ローファーもありかと思います。

革靴持ってません!

という方は、会社に履いて行くような靴で十分だと思いますよ。きちんと磨いて下さいね!

あまり堅苦しく考えずに、オーソドックスにチノパンとシャツと思っておけば大丈夫。


絶対ありえない服装!入店拒否されるかも!

間違っても着て行ってはいけないNGワード。

・Tシャツ・・・どんなに新品のTシャツでもこれはちょっと・・・。問題外です。
・Gパン・・・ヴィンテージなんだけど!関係ありません。
・短パン・・・こちらも問題外ですね。
・サンダル・・・ラフ過ぎます。おそらく入店拒否されます。スニーカーも避けた方が無難。

よくよく考えると、ホテルのレストランやドレスコードの指定があるお店に行くのに、あまりに砕けた格好でいくと浮く事は分かります。

もちろんコーディネートが良くても、ダラッとした着こなしだとみっともないのであまり古着感がある物は控えた方が良さそうです。

シャツもアイロンやクリーニングに出したものなら大丈夫!


またパンツもお店に行く前にシワのチェックをしましょう。

シワがあるだけで着崩れ感が出てしまうので、折り目はピシッと付けましょう!

どうしても気になる!ショップの店員さんにご相談

ドレスコード指定の場所へ行くのに、洋服を購入する必要性があるなら、店員さんに相談するのも良いでしょう。

「ドレスコードカジュアル」だと伝えるだけで、的確なアドパイスとコーディネートをしてくれるかも。

もちろん手持ちにある洋服に合わせてもらうのも良いでしょう。

購入する必要がある場合は、なるべくオーソドックスで着こなせるものを選びましょう!

本日のまとめ

ドレスコートを指定するお店は案外多くあります。

その多くが「カジュアル」と付く所ですが、それが難問なのです!

ですが、仕事帰りにオシャレなお店に行く人も多いと思いますが、仕事帰りの服装なら断られることはほぼ無いと思います。それはスーツを

着ているからで、またジャケットやシャツを着ているからです。

男性は女性に比べると洋服の選択肢も少なく感じますが、いざドレスコードを言われてしまうと慌ててしまいますよね!

基本的にはビジネスでも通用するような服装で、相手に不快感を与えない程度の洋服なら大丈夫でしょう!

とにかくNGワードだけにはご注意を。

仕事生活
スポンサーリンク
猫の手も借りたいをフォローする
スポンサーリンク
猫の手も借りたい

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。