まだ間に合う!正しい日焼け後のケアを知って美肌を取り戻そう!

スポンサーリンク

まだ間に合う!正しい日焼け後のケアを知って美肌を取り戻そう!

 

太陽が輝く季節は外で思い切り遊びたくなりますよね。海でビーチバレー!山でキャンプ!とっても楽しいけれどうっかり日焼け対策を忘れてしまったことはありませんか?また思ったより日差しが強くて日焼けの後がひりひり。どうしよう??なんてこともときにはありますよね。でもアフターケアをしっかりすれば大丈夫。効果的なアフターケアを知ってその日焼け、無かったことにしちゃいましょう!基本の3原則は「冷やす・保湿・水分補給」です。では順番に見ていきましょう。

 

STEP1冷やす

日焼けした肌は軽いやけどと同じ状態になっています。炎症が起きているので、冷やして火照りをとることで炎症の進行を防がなければなりません。まずはとにかく冷やしましょう。

・冷たいシャワーを浴びる

・保冷ジェルを当てる

・氷水で冷やした濡れタオルを当てる

などの方法があります。しかし氷などを直接当てると皮膚に負担がかかるので、タオルやガーゼで包むなどして調節してください。またこすることも負担になるので、タオルなどを当てる時は優しく抑えるようにしましょう。冷やす時間は日焼けの程度によって異なりますが、火照りがおさまるまで冷やすことが大切です。

 

STEP2保湿

日焼けした肌は水分が奪われ乾燥している状態。火照りが落ち着いた後はしっかりと保湿をしてその後の肌トラブルやシワなどを防ぎましょう。保湿化粧水(できれば日焼けした肌のために刺激の少ない敏感肌用のもの)を使います。ここで注意点があるのですが、実は美白系化粧水は日焼け直後の肌には刺激が強すぎる物が多いので、数日待って肌の状態が落ち着いてから使ってください。化粧水はいつもの2〜3倍の量を、手でぎゅっとハンドプレスしながらたっぷりなじませていくことがポイントです。ただし念入りにパッティングしたり、ゴシゴシこすることは日焼けによって低下した肌のバリア機能をさらに下げてしまうので避けましょう。

化粧水の後は、乳液やクリームなど油分のベールでうるおいをしっかり閉じ込めます。日焼け直後の肌は水分の蒸発が特に早いのです。もし日焼けがひどく化粧水がしみる場合は、肌をいためないようワセリンなどで保護しましょう。

 

STEP3水分補給

日焼けの後は、肌だけでなく体内の水分が不足しています。体のだるさや疲労感がある場合は軽い脱水状態になっていますから、常温の水やスポーツドリンクなどを飲んでしっかり水分補給をしましょう。内側から水分を補給することで体の水分量が上がり、肌の保湿にも役立ちます。皮膚科医がすすめる量は1日に2リットル以上。肌の修復機能が高まるうえに、日焼けのリカバリーも速まるのだそう。

 

 

その他にできること

日焼けした肌はいつもより敏感です。「冷やす・保湿・水分補給」の3原則以外にも対策できることはしておきましょう。

・お風呂

入浴は38~39℃のぬるめのお湯にして、短時間で済ませるようにします。水圧の強いシャワーの使用も気をつけましょう。また、身体を洗う時も、身体を洗う用具やボディソープなどは、肌への刺激が少ないものを選びましょう。

 

・食事

日焼け後は内側からアプローチするスキンケアもとても大切。必要な栄養素を食事から摂ることで、日焼け後の回復を早くします。肌の新陳代謝をうながしターンオーバーを活性したり、シミやシワの原因となる活性酸素を押さえる抗酸化作用が期待できるビタミンACE(ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE)を中心に、紫外線による肌ダメージに効果的な食べ物を積極的に摂取しましょう。

 

日焼け後のお肌にはNG!これはやってはいけない!

赤くなるまでうっかり日焼けをしてしまった時には、シミなどの肌トラブルを心配してつい自己流でケアをしがち。でも日焼け後にやってはいけないケアもあるのです。日焼け後のデリケート肌に間違ったケアをしないようにチェックしておいてくださいね。

・剝がれかけの皮膚を自分で剥がない

皮膚の皮が剥けているということは、炎症を起こした皮膚が再生しようとしている状態。皮膚を剥がしてしまうと未熟な皮膚が出てきてしまい、バリア機能がさらに低下してしまいます。絶対に無理に剥がないようにしましょう。

・刺激の強い化粧品を使わない

日焼け後のお肌はとっても敏感です。肌に優しい「アルコールフリー・パラベンフリー」の化粧水でたっぷり保湿しましょう。STEP2でも少し触れましたが美白化粧水等のスペシャルケアをするのは火照りが完全に収まってからにしましょう。

・日焼け放置をしない

「痛いから触りたくない!そのうち治るでしょう。」と思う方もいるかもしれませんが、まずは肌にこもった熱を冷まし炎症を抑えましょう。炎症が治まってからシミの原因となるメラニンの過剰生成と抑制するための美白化粧水を使ったり、日焼けにより水分を奪われた肌に水分を与えるための保湿を行ったりしましょう。

未分類
スポンサーリンク
シェアしていただけると中の人が小躍りして喜びます♪
猫の手も借りたい

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。