3月の誕生石の種類と意味を調べてみた。

スポンサーリンク

3月の誕生石の種類と意味を調べてみた。

3月生まれの誕生石はアクアマリン、コーラル、ブラッドストーンの三つがあります。

普通、誕生石って1つって思いがちになりますが、3月は3種類あります。

一番有名なのはやっぱりアクアマリンですかね。

薄く青い透明の海の色の輝きです。





日本語では藍玉って言われています。

コーラルはいわゆるサンゴ(珊瑚)。

ブラッドストーンは日本語では血玉とか血玉髄(けつぎょくずい)といわれています。また、ヘリオトロープ(heliotrope:太陽を呼び戻す石の意)とも言われており、なんかグッと来ます。

是非、人生に太陽を呼び戻していただきたいところです。

そうそう、この石、ファイナルファンタジー(ゲームね)でもアイテムとして出てきています。「血玉の指輪」とか「血玉のアミュレット」「血玉のピアス」「血玉のゴルゲット」などなど。

今回は3月の誕生石として広く知られるアクアマリンについてまとめてみました。



スポンサーリンク


アクアマリンの特徴


アクアマリンの特徴はロウソクや月明かりなどでも綺麗に輝くので別名「夜の女王」。

アクアマリンの石言葉


「勇敢」「聡明」

アクアマリンに関する言い伝え


アクアマリンに関する言い伝えを調べてみると、


  • 月の女神『ディアナ』の石としても古代ローマの勇敢で活動的な女神の宝石。

  • 幸福な結婚生活を導いてくれ、結婚記念日のギフトとしても古くから人気。夫婦円満ですね。

  • 「天使の石」とか「不老の石」と呼ぶ国もあり、若さや美しさを保つのを助けてくれる。

  • 悪魔のたくらみから守ってくれる石。

  • 海の男達のお守り、海難避け。海外旅行のお守りになりますね。


などなど。

アクアマリンという石はパワーストーンとしてみた場合、とても慈悲深い石といわれています。

勇気と聡明で深い愛情のエネルギーを放っているといわれています。

なので、癒しの効果も高いって言われていますね。

彼女へのプレゼントとしても、自分でお守りとして身に付けるのもとても素敵な宝石です。
「幸せな結婚」を象徴する意思ともよばれているので、女子に人気です。



本日のまとめ

3月の誕生石の種類と意味を調べてみた。
  • 3月生まれの誕生石はアクアマリン、コーラル、ブラッドストーンの三つ
  • 有名なのはやっぱりアクアマリン
  • 石言葉は「勇敢」「聡明」
  • 別名、月の女神『ディアナ』の石、「天使の石」「不老の石」
  • 月明かりやロウソクの光でも輝く「夜の女王」
  • 癒しや幸せな結婚を与えてくれるので女子に人気




こんな感じです♪




そうそう、こんな動画を見つけました。
ご参考まで。



カルチャープレゼント誕生石
シェアしていただけると中の人が小躍りして喜びます♪
猫の手も借りたいをフォローする
猫の手も借りたい

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。