一人暮らしの女性が注意することは?防犯対策と生活費の確保!

ひとり暮らしを始める女子が注意することは何でしょうかね。


ほら、進学や就職で故郷を離れたり、また人事異動で引越しをしたりなど一人ぐらいのキッカケや理由はいろいろです。

新しい場所、新しい生活。

男性女性問わず一人暮らしを初めてする場合ワクワクする気持ちになりますね

でも、新生活で何が待ち受けているのか正直不安になることも。


そこで今回は女性の防犯ということで注意点をあげたいと思います。

スポンサーリンク

一人暮らしの女性が注意することは?防犯対策と生活費の確保!

まずは安全に快適に住ごせる拠点となる場所を探しましょう。

ポイントはこちら。


なるべく早く不動斷へ行きましょう!春は物件が動く時期です


例えば就職先や入学する大学が決まっている場合、路線図を広げて最寄駅をチェックします。

物件を探す場合は、通勤通学の利便性を考えて路線をいくつか検討します。

都心部だと家賃が高いので、乗り換えも視野に入れて下さい。

まずはネットで物件を検索して、いくつか候補をあげるのが良いでしょう。

ですがここで注意点!

動産会社によって「強い物件と弱い物件」があります。

例えば大家さんと長年の付き合いがある物件だと、担当者が口添えしてくれることもあります。

また逆に、断られた場合でも他の不動産会社なら大丈夫だったということもあります。

なので、できるだけ物件は多くリストアップしておくことが良いです。

物件の問い合わせをした場合、店舗に来るように言われますが、そこでも物件を紹介してくれるのでネットと店舗を上手に活用して捜した方がよいでしょう。

また、不動産会社は地元の物件を多く持っていますので、住みたい路線がおおよそ決まっているなら、その路線の不動産会社をいくつか回ってみると良いでしょう。

ネットにも載っていなかった物件も出してくれる場合があります。

まだ入居中の物件も視野に入れておくのも良いですよ。



女性の一人暮らしはどのような物件が良いでしょうか?


一人暮らしはなにかと不安が多いです。

まず大切なことは「治安」です。

口コミが非常に重要で、どのような雰囲気の場所なのかをしっかりとリサーチしましょう。

また、休日に実際その場所へ行くことも大切です。

環境のポイント


■環境のポイント■
・駅から物件までの明るさ

・環境(スーパー、コンビニ、銀行、区役所、病院など)施設の充実

 *病院は大切ですよ!

・公園の有無・・・隣や駅から物件まで公園を通ったりする場合、夜は暗くて結構危険!
 

物件のポイント:アパートの場合


■物件のポイント:アパートの場合■

・なるべく一階は避ける

・もし一階の場合、上の部屋の住人をリサーチ(音は下に響くので、若い男性だとうるさい場合があります)

・洗濯機置き場(外か中か)

・ゴミ捨て場の場所(遠いと面倒)
 

物件のポイント:マンション

■物件のポイント:マンション■
・できればオートロック

・管理費の値段(エレベーター付きだと高くなります)

・鍵はダブルロック

・外廊下、内廊下(外から見える廊下の方が安全)

 

安全面だとやはりマンションの方が高くなります。

ですが、アパートの大家さんによっては見回りや、掃除など綺麗にされている方は多いです。

 

一人暮らしはお金がかかります。必要な生活費はどれくらいでしょうか?


もちろん敷金礼金はかかります。

物件によっては礼金が0円の所もありますが。

基本的には入居するだけでもお金はかかりますが、いざ生活がスタートすると必要な物がたくさんでてきます。


■生活必需品たち■

・炊事に必要な道具

・食器

・カーテン

・電化製品・・・書き出したらキリがありませんね!


では、実際に生活をするとかかるお金とは。


■生活をするとかかるお金■

・家賃(管理費)

・光熱費(電気、ガス、水道、携帯)

・食費

・保険(個人による)

・職場、学校までの交通費

・交際費(ランチなど外食含む)

・美容代(美容室、お化粧、洋服などなど)



などがあげられます。

できれば家賃はおさえ気味にしたいものです。

 

本日のまとめ

一人暮らしをしていたころを思い出しましたね・・・。

初めてオートロックを経験した時は感動しました。

さて、私は初めて一人暮らしをはじめた頃、職場の方々から不用になった生活道具を頂きました。

ホットプレート、鍋、やかん、トースターなどなど。

今でも鍋は使っていますが、本当に助かりました!

そこで提案!「一人暮らし始めますアピール」を周りにしておくと、不用品がもらえるかも!

一人暮らしで辛かったこと・・・病気をしたときです!

なので病院は近くにある方が良いですよ!

 

コメント

error:Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。