脱毛でわきがは 治る!?必見!理由はこうだ!

「脱毛でわきがが治る!」のだろうか?

いわゆる「わきが」です。
脇の下から強烈な悪臭がするという症状。

漢字で書くと腋臭(わきが/えきしゅう)。

臭いが強いのに
自分では気がつかない
という面倒で厄介な特徴があります。
脱毛で腋臭は治る?

特に、

汗だくの夏の日や
厚着をしてる通勤電車のなかでは
気になります。



「ワキ汗が酷い」
「臭いを発してるのでは!?」


敏感になってしまいます。
場合によってはナーバスになってしまいます。

雑誌なんかを見ていると、
「毛深い人」が腋臭になりやすい
って書いてたりします。

この症状を解消するには

「清潔に!」

とか、

「デオドラントスプレーが有効!」

とか、

なんて、書いてたりします。


「しってるわ!!」「そうしてるけど、気になるじゃ。。」


などと、ぼやきたくなりますね。


そこで、今回は何かと注目されている
「脱毛」と「わきが」ってテーマで

  • ワキガの原因
  • 脱毛で腋臭が治る理由

について調査してみました。


それでは早速。

腋臭になるわけ

まず、脱毛で腋臭対策になる理由の前に
「わきがのしくみ」についてです。

知ってる場合は今一度おさらいです。

わきがの原因

わきがの原因となるのは、
脇の下にあるアポクリン汗腺から分泌される汗です。

普通の汗は「ほぼ水分」ですが

アポクリン汗腺から出る汗は、
普通の汗とは違って、

  • 脂肪
  • 尿素
  • アンモニア
  • 色素


などの成分で構成されています。


ただしいろいろな成分が含まれていても、
基本的にこの汗も無臭なのですが、

皮膚に住み着いている細菌によって分解されることで
独特の臭いを発するようになります。


また、アポクリン汗腺は毛穴と直結しています。


毛穴からは汗だけではなく
皮脂も分泌されていますが、

この皮脂に含まれている
脂肪酸(ひしさん)と雑菌が混ざり合い、

そこにアポクリン汗腺の汗が混ざると
さらに強い臭いになります。

整理するとこんな感じ。

脇の雑菌が繁殖

脇から皮脂が出る

皮脂の中の皮脂酸と雑菌が混ざり合う

臭いが発生!



こんな感じです。

さてさて、続いて本題である
「脱毛とわきが対策について」
についてです

スポンサーリンク


脱毛すると、わきがって治るのだろうか?


さて、わきがの原因となる
アポクリン汗腺についてはわかった。

「で、どうなのよ?」

ってなりますが、こんな感じです↓


アポクリン汗腺が特に多いのは脇の下。
そして、脇にはたくさんの毛穴も存在しています。

そのため、

臭いの度合いには違いがあるものの、
日本人の10人から20人に1人という
高い割合わきがは発症してしまうのですね。


わきがというのは

アポクリン汗腺が多い人ほどなりやすいのですが、

同時に脇の下のムダ毛が多い人も
なりやすいと言えます。


わきが体質の人は毛深いという特徴がありますが、

毛深いということは
それだけ毛穴が多いので、

アポクリン汗腺の汗と
皮脂が混ざりやすいのです。


ただ、逆に言うと毛穴が多くても
それが塞がれてしまえば、


アポクリン汗腺からの汗と混ざる
皮脂が少なくなるので、


臭いの発生を抑えることができます。


つまり毛根組織を破壊して
毛穴を塞いでしまえば、


わきがを治せる可能性があるのです。



毛根組織は単に毛抜きで抜くだけでは
破壊できません。


しかし、

  • 光脱毛
  • レーザー脱毛

などを行うと機能を低下させたり、
組織を破壊することができます。


機能が低下したり破壊されたりすると、


毛根組織から毛が生えてこなくなるので、
やがてその部分の毛穴は塞がれてしまいます。


すると、

そこから皮脂が分泌されなくなるので、
結果的に脱毛を行うとわきがが治るという効果
期待できるわけなのです。


もちろん脱毛をすれば絶対にわきがが治る、
というわけではありませんが、

わきがが発生するメカニズムから考えれば、
皮脂や雑菌とアポクリン汗腺の汗が混ざらなくなるので
臭いを弱くすることはできると言えます。


また、脱毛をすることで脇の下を清潔に保てば、
臭いを発生させる要因がなくなるので、

汗はそもそも無臭の分泌物なので
臭くなることはないって考えられますね。

脱毛でわきがは 治る!?必見!理由はこうだ!

本日のまとめ

  • 脱毛とわきがは関連が強い
  • 強いのは匂いだけじゃなかった
  • 毛深いと皮脂がたまり雑菌の餌に
  • 光脱毛やレーザー脱毛は意外と効果が見込める
  • 毛根組織の破壊で雑菌の繁殖を撲滅
  • ↑漢字で書くと恐ろしい雰囲気がしますな


快適な脇に。

コメント

error:Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。