恋と愛の違い!恋からさめる?驚きのPEAとは?

この気持ちは『恋?』『愛?』
って悩むことも多いのが人生。

恋と愛の違い?


『愛の方が恋より深い思い?』

などなど、イメージは何となくあると思いますが、
実際の所どんな違いがあるのでしょうか。

今回は、

数々の恋愛を経験すること20数年、
結婚4年目を迎える都内在住のNさん()に
語っていただきました。
(当ブログ管理人編集)

早速。




恋は自分の心を満たすもの、愛は相手の心を考えるもの。

恋は自分の心を満たすためのもの。
愛は相手の幸せを願うもの。

誰もが一度は聞いたことがあるかもしれません。

つまり、

・ わたしの事をどう思っているの?
・ わたしをもっと愛してほしい!
・ わたしだけに関心を向けてほしい
・ 浮気もしないでほしい


こんな風に、自分だけに関心が向いていて、
自分が満足するために相手といると考えているるときは、
恋をしている状態。

この恋の状態は自分を満足させるだけの気持ち。

って言い切られると、なんだか気分が悪くなりますね。

でも、これは驚くべきことに、
脳が持っている避けられないしくみ。


例えば、

好きな人ができて、
その人と少しでも会話ができたら
ものすごくハッピーな気分になったり、

好きな人と付き合って数週間や数か月の、
ラブラブしている楽しい時期。

この時期はまさに恋をしている状態

自分が愛されている、
関心を向けてもらっているという幸福感で一杯になりまよね。

コレが脳のしくみです。

なので、理屈抜きで、

恋からさめる

こともあり。


恋愛ホルモン?PEA(フェニルエアチミン」)


脳の中では抗うつ剤としても知られている
PEAという物質が脳内にたくさん分泌されています。

このPEAの分泌が多いため、
恋愛初期はとっても気分がハッピーで
ドキドキと楽しい時間を過ごすことが出来るのです。

ぎゃくにPEAの分泌が少なくなると、
ドキドキ感の無いマンネリな関係

つまり倦怠期への突入に近づいてしまうかもしれません。

スポンサーリンク


愛することは一人では出来ない

ではPEAによる恋してるハッピーな気分と愛はどんな違いがあるのか?

ずばり、みだしにもありますが、

愛は

・ 相手を幸せにしたい
・ 相手に幸せになってほしい
・ 自分の気持ちも聞いてほしいけれど相手の気持ちも尊重したい。


という思い。

相手がいて成り立つもの。

愛するという行為は一人で行うことは出来ないこと。

なぜなら、自分と相手がいて、
お互いに尊敬しあって育まれていくものだから。

愛が育っている二人の間には、
恋愛初期のようなドキドキ感は無いかもしれないけれど、
安らぎ安心感があるわけです。

結婚は生活。愛し合いましょう

もし今結婚したいと考えている人がいたら、
恋のままの状態で結婚をしても
長続きしない可能性が大きいから注意しましょう。

恋をしている状態で
結婚に舞い上がってしまっていると思うなら、
一度冷静になってみることが大切。

結婚は生活です。

相手が自分を満たしてくれなかったり、
自分の思い通りにいかないことが多々あります。

そんな時、相手が自分を満たしてくれないからと
相手に八つ当たりをしてしまっては、
結婚生活がうまくいくはわけがなく。

お互いを尊重していくことで愛を育むことが出来、
結婚生活もうまくいく秘訣です。

本日のまとめ

恋と愛の違い!恋からさめる?驚きのPEAとは?
恋か愛かの違いは、
  • 自分の気持ちや自分の心のベクトルがどこを向いてるかの違い。
  • 心のベクトルが自分を向いていたら恋をしている状態。
  • 心のベクトルが相手を向いていたら愛を育んでいる状態。
  • 結婚するときは、相手を愛している状態か確認が必要。
  • そうそう、恋はPEAっていう脳の影響なので、恋からさめることも多々あり

愛は男女の性別や、
年齢、
相手が何であろうが、

自己犠牲的に、献身的に思う心のあり方だと思います。

いかがでしょうかね?

コメント

error:Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。