初詣デートは何で行く!?年明けの初めてのデートの服装はこう!

年明け初めてのデート!初詣は何で行く?

毎年、年が明けて1月になると初詣に行くきますよね。でも、お仕事が始まってしまってなかなか初詣に行けないという方も中にはいるのではないでしょうか?

しかし!

せっかくの新しい年になり晴れやかな気持ちでいるとき。

良かったら初詣デートなんていかがでしょうか??

初詣デートを今回は考えてみたいと思います。

それでは

・初詣とはいつからいつまで??
・初詣デートの服装は?
・初詣でするべきこととは?

について見ていきたいとおもいます。



初詣とはいつからいつまで??

まず現在では初詣は松の内に行くことがおおよその目安となっています。

松の内の期間は、門松やしめ飾りなどを飾っておく期間のことを指し地方によって少し異なるようですが、基本的には1月7日までとなっています。

ですので元旦、三が日などとこだわらずに、松の内までをめがけてお参りすることができれば良いのではないでしょうか?

お忙しい方は、1月中にお寺や神社に行くことかできれば初詣になりますよね。

初詣デートの服装とは?

初詣デートというと、晴れ着のイメージが強いですが実際は動きやすい服装でも大丈夫です。女性は新しい年明けなのでフレッシュな気持ちで着物でもいいですよね。

デートプランの内容や当日の天候に考慮して相応しい服装を選ぶようにしていくことが大切です。

特にフォーマルな服装でなくても大丈夫ですが、女性であれば肌の露出が多い服装、派手なアクセサリー類は避けましょう。


初詣デート!男性の場合はこう!

初詣の服装は、デートならやはり相手の服装に合わせることが大切です。

女性の初詣の服装と言うと、やはりあまりラフな服装で来ることはないでしょう。

着物を着ていなくても、ある程度考えていることが多いと思います。

男性の場合、スーツで決めてしまうと固くなりすぎてしまうと思うので、上は白のシャツやニット下はデニム生地などを避けた温かい厚めのパンツがオススメです。

靴はスニーカーではなくショートブーツなどをあわせると大人っぽくかっこよい印象になると思います。

上着は、長めのロングコートなどをあわせると防寒対策にもなりますね。

しかし何といっても二人で行く初詣デート。

やはり大切なのはバランスです。女性のことを考えられる服装かどうかが最大のマナーですね。

初詣デート!女性の場合はこう!

寒いので防寒対策をしていきたいですが、せっかくの初詣デート!
かわいくいきたいですよね。

女性一番のお勧めはコートとニットとスカートとブーツ(またはローヒール)です。

白っぽいニットとスカートの組み合わせはふわふわ女子に見え男性うけは良いです。

またヒールの高すぎるものを履いてしまうと砂利道も大変なので低いブーツかローヒールをオススメします。

モコモコブーツも可愛いかもしれませんね。

せっかくの初詣なので着物でもよいかもしれませんが、そのあとのデートプランや男性側の服装もあるので、彼と相談して決めるのが一番良いかもしれません。
カイロは貼るカイロと貼らないタイプのカイロを自分用と彼用で持っていくと良いですね。


初詣でするべきこととは?

まず大切になってくる参拝のマナーについてご紹介したいと思います。

① 鳥居は神社の入り口であり玄関口なのでまずはご挨拶をしてから入りましょう。
 軽く1礼をするのを忘れずに!

② 参道は右か左を歩こう
 参道の真ん中は正中と呼ばれ神様の通り道とされています。
 そのため正中を避けて歩くのが神様に対するマナーです。

③ 参拝の前に手や口を清める
 柄杓を使い、両手を水で清めましょう。そのあと柄杓をそのまま口につけず手のひらに水を入れ口をゆすぎましょう。

④ 参拝をしよう
お賽銭は投げずにそっと入れ、鈴を1回鳴らします。
そのあと2回礼をして2回手をたたきます。
ここでお祈りをしましょう!
1礼をしてその場を去ります。

⑤ 鳥居のところまで来たらまた1礼をしましょう。

神様にご挨拶することだけでなく、初詣では出店であったかい飲み物を飲んだり、おみくじを引いたり、お守りを買ったり、楽しいことがたくさんありますよね。

本日のまとめ

滅多に神社などには来ることがないので初詣は大切にしていきたいものです。
良い初詣デートになるようルールを守って楽しんで行きましょう!

コメント

error:Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。