RSウイルスの症状は大人は咳?熱?妊婦さん危険!?重症化!?

RSウイルス感染症は呼吸器系に悪さするウイルスです。
このRSウイルスですが特徴として感染力がとても強く、
ほぼ100%の人が感染する(したことがある)ウイルスです。

RSウイルスの症状は大人

でも、主に赤ちゃん乳幼児がかかる病気として
ママさん達の間では要注意のウィルスとして知られています。

コンコンと咳き込む赤ちゃんや乳児を見たことがあるかもしれませんね。

RSウイルスは2歳までの間にほぼすべての人がかかり、
その後、何度も感染することで
免疫力が付き重症化しなくなるウィルスです。

が、しかし

ごく稀に大人でもかかってしまい、
重症化するケースも見られます。

高校生くらいにおおきくなっても
肺炎になる場合もあります。

特に、乾燥する季節は注意が必要です。

本日はこの厄介なRSウイルスの症状について、
子どもは当然、大人場合の注意点をまとめてみました。

サクッと進めます。



RSウィルスの症状大人の場合はこう

大人が感染した場合、
通常であれば鼻かぜ程度
済んでしまいます。

基本的な流れてとしては
体内に3~5日間程度潜伏して

その後
  • 鼻水
  • 鼻づまり
などのの症状が現れて
感染したとしても1週間くらいで治っちゃう感じです。

RSウイルスは寒い冬に増える
代表的なウイルス。

防御方法は免疫力を高めるしかありません。

なぜなら、このウイルスに対する抗体体内で作られないからです。

これは、何度もRSウイルスに感染して
免疫力を付けるしか
防ぎようがないのが辛いところです。

そのため、
  • 免疫力が低下している場合
  • 弱った体調の場合
  • 高齢の場合

感染して重症化するケースもあります


症状が重症化するとどうなるの?

冒頭でもあげましたが、
高校生くらいでも喘息持ちだったりすると、
肺炎になってしまうこともあります。

危険ですね。

一般的にRSウイルスに感染し
重症化すると、鼻水やくしゃみだけでなく、熱っぽくなったり
喘息のようなしつこい咳が続くようになります。

肩で咳をするようになったりし始めさらに

悪化すると呼吸をするたびに
みぞおちの部分がへこむようになってきます。

細気管支に炎症が起きていて、
激しい咳を伴うことも特徴の一つ。

これは昼夜を問わず、激しい咳が続き
夜に眠れなくなるほど続きます。

眠れないので体力も更に弱まり、
イライラも溜まります。
精神衛生上もよくありません。

おまけに咳は体力を消耗するので、
人によっては油断すると
かなり衰弱してしまう場合も。

喘息(ぜんそく)のような苦しい咳が続いてきたら、
すみやかに病院を受診を。

大人がRSウイルスに感染して重症化するのは、

例えば妊娠をしている場合

他の病気にかかっていて免疫力が落ちている場合
大量のRSウイルスを体内に入れた場合、喘息がある場合。

こんな場合、思わぬ重症化に張ってしますので注意が必要です。

スポンサーリンク

大量にRSウイルスを取り込まない工夫が必要

大量のRSウイルスを体内に取り入れないようにすることはとても大切。

  • RSウイルスに感染している子供を看病している時
  • お年寄りを看病している時

など、咳やくしゃみによる
二次感染にあわないように
最大限注意したいところです。

ご存知の通り、咳やくしゃみには
大量のウイルスが含まれています。

それを一気に体内に入れてしまうと、
症状が重症化してしまう可能性が大。

家族の看病をするときは、
  • マスクを装着
  • 手洗いの徹底


大量のウイルスを体内に入れないように気を付けてたいところです。

入院しなければならないほど重症化する人は1~3%ほどと言われていて、
肺炎の症状が出た場合
気管支炎の症状が出た場合
おかしいと感じる場合には
風邪だと自分で診断をせず、
必ずお医者さんに行くように心がけましょう。

本日のまとめ

rsウイルスの症状は大人は咳?熱?妊婦さん危険!?重症化!?
  • RSウイルスには100%かかる
  • でも、重症化する人は1~3%ほど
  • RSウイルスを予防するための特別な予防策はない
  • なので、日ごろから注意が必要。
  • 感染してしまわないようにマスクなど着用することが大切
  • 抵抗力をつけるため、元気な身体でいることがポイント

いたずらに怖がる必要は無い感じですが、
何かと厄介なウィルスです。

用心されたし。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。