熱は何度から休むべきか否か?注意したいポイントはここ

が出たら何度から休むのか?

ほら、熱って

何度まであがれば休むべきか?頑張れば行けるし。

って前向きな場合もあれば、

休みたいけど、何度まで出てれば公明正大に大手を振って休めるのか?

って場合の2通りがあって悩ましくなりますね。

熱は何度から危ない!?
大人になると、ちょっとくらいのではかんたんに仕事を休むことができません。

アルバイトだって同じです。


特にアルバイトやパートタイムの場合、シフトが既に決められてるので、人員に穴を空けることになってしまい、お店(会社)にとっても困る問題です。

だからといって、熱が出てるのに無理して仕事をし、倒れてしまったら、それはそれで多大な迷惑をかけてしまいます。


責任感が強ければ強い程、悩むのがこの類の休み。

今回は「熱は何度から休むべきか否か?」について所見を少々。




バイトや仕事を休む時の目安

熱が出ていてバイトや仕事を休む時の目安を考えてみましょう。

一般的には、体が動くか、動けないか、が大きな目安となります。

熱が出ると頭がボーッとしたり、動きが鈍くなったりします。

これではいつもと同じ動きができません。

単純にNN度だから休むって考えるのではなく、

  • 周りの人にうつしてしまうから休む。
  • 生産性を下げるから休む。

こんな視点が重要です。

ほら、

いつもと同じ動きができないということは、いつもと同じ仕事量ができないということです。

そういう場合は、バイト先や仕事の上司に連絡して、素直にそのことをしましょう。

熱が○○度あるのですが、いつもと同じように動けません

あるいは

熱があってフラフラします

と説明します。

そこで連絡を受けた側は、

休んだ方がいいな

とか

「とりあえず来てもらって、あまりにも無理そうだったら帰ってもらう

などと、ある程度の判断をしてくれるはずです。


温度に関係無くあらゆるリスクを考える

このように、微熱でも周りに迷惑をかけてしまうな、ということが考えられる場合は、そのことをしっかり伝えた上で休んだ方が良いです。

ある程度高くても、自分が大丈夫と思えるのなら休まずに行って、辛くなったら早退する、という方法を選ぶこともできます。

熱が出て休むか休まないかは、バイトや仕事に行くことで自分が倒れないかどうか、仕事の何割ぐらいができそうか、などと想定して決めるのが良いですね。

ただし、飲食店の場合は、お客様に提供する食べ物に悪影響があると判断して休まなければいけない時もあるでしょう。



そう言えば、昔、仕事中に有名なラーメン屋に行った時のことです。

なんか厨房にゲホゲホしてる兄さんがラーメン茹でてるなぁ

って思いながら、「きっと、有名店で風邪ひいても休めないんだよな。がんばれよ。」

などと、上から目線で心の中で応援していました。

が、その日の夜

高熱ですよ。

あのラーメン屋の兄ちゃん、インフルだったんですわ。

もうね。

あの日あのラーメン屋で食べたたぶん全滅

スポンサーリンク




マスクをするというマナー

熱が出ている状態でバイトや仕事に行く場合は、せめてマスクは必ずしていきましょう。

教訓を込めて、経験から出る被害の拡大を防ぐ意味から強くお伝えしたいところです。


だって、何らかのウイルスを保持している可能性が高いのですから、マスクをしなければ近くの人に移してしまいます。


特にインフルエンザが流行する1月~2月はマスク必須です。

特に1月中旬を過ぎるとインフルエンザ患者数は一気に急増します。


インフルエンザだからといって必ず高熱が出るわけではなく、微熱で咳も少し出るだけ、というケースも沢山あります。

症状は人それぞれなので、自分が軽くても他人にとっては重症になるケースだってあるのです。

本日のまとめ

熱は何度から休むべきか否か?注意したいポイントはここ
  • 休まねばならない体温などない。
  • 目安は微熱を超えたくらい。
  • 「簡単には休むつもりはない」意志表示と、リアルな体温と体の状態を説明する
  • バイトや仕事に行くことで誰かに迷惑がかかるのか考える
  • マスクは必ずする



マスクは咳が出ている時だけすればいい、と思っていたら大間違いですな。

コメント

error:Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。