生理!おならが臭い!多い!なんで?どうしたらいいの?

生理だとおならが臭い。いつもはこんなに臭くない。

しかも、おならがたくさん出る

なんで?

生理!おならが臭い!多い!なんで?どうしたらいいの?

生理中もそうですが、生理の前や後でおならに影響が出る人ってかなりいます。

おおぴらに相談できないのが悩ましいところですね。



ってことで、本日は『生理とおならの臭いと回数』についてまとめました。


改善方法も見つかりました。

早速見ていきませう。





ホルモンの影響で消化活動が弱くなるのが原因

生理中はプロゲステロンというホルモンの分泌量が増えます。

この影響で
  • 食欲は増す
  • 消化活動は弱くなる

といった変化が現れます。

消火活動が悪くなりおならが多くなるわけですが、イメージとしてこんな流れです。


腸の中に食べ物が蓄積される

便秘気味になる

悪玉菌が増える

腐敗型のおならの大量発生



この繰り返しになり、
いつもよりおならのにおいが臭くなりったらい回数が増えるわけです。

人によりおならへの影響、

つまり、生理の前、生理中、生理後のパターンの違いは
便秘気味になるタイミングのずれですね。


生理により消化活動は弱くなるのは、
女性の身体の仕組みとして、避けられない現実ですね。

仕方が無いことですが、対処の仕方で
程度は変わってくるのでできる努力は
しっかり行っていきましょう。

スポンサーリンク



食べ物の工夫で臭いは劇的に変わる

女子ならば避けられない宿命

とはいえ、やはり臭ければ気になります。

必要以上にナーバスにもなります。


なので、生理中のおならは食事に注意して対処をしていきましょう。


例えば、生理になる数日前から

  • 消化に良い食事を心がける
  • ガスの発生につながる炭酸飲料は控える
  • 乳酸菌や食物繊維の摂取量を増やす
  • 肉などの動物性たんぱく質を控える

といった工夫するのがおすすめ。

くさいおならを生み出さないよう抑制することができます。

そして、

消臭効果を持つ
  • トレハロース
  • カテキンを含むお茶
  • きのこ

等の摂取を心がければ臭い自体を抑えることができます。

これらの工夫だけでも臭いは劇的に変わってきます。

ぜひ、チャレンジしてくさいください



おならくさい原因となる腸内環境の腐敗は【ライラック乳酸菌】が整えることで解決できるかもしれません。

根本からのキレイを目指しますね。


ライラック乳酸菌オリゴプラス


本日のまとめ

生理!おならが臭い!多い!なんで?どうしたらいいの?
  • 生理中はプロゲステロンというホルモンの分泌量が増え消化活動が弱くなる
  • そのため便秘気味になり、悪玉菌が大活躍
  • 悪玉菌は腐敗型の臭いおならやガスを発生させる
  • これは食べ方や運動で腸の働きを助ければおならの臭いや回数が改善する

生理中は消化活動が抑えられることで
おならに影響が出ます。

この働きを助けるためにも
ゆっくりよく噛んで食事をする
ということが大切になってきます。

細かく噛んで飲み込めば
消化の負担はぐっと減るので
生理中でも便秘になりにくくなります。


また適度な運動は腸の働きを刺激します。
可能であればジョギングやウォーキングなど
取り組んでみるのも良いでしょう。


身体の仕組みをきちんと理解し
適切な対策を取っていけば、

生理中であっても
おならが臭くなることは
充分防いでいけます。

規則正しい健康的な生活習慣を心がけ、
ストレスを溜めないようにして
生理中のおならの問題を解消して行きたいものです。


コメント

error:Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。