アンチエイジングサプリって効くの!?注意したい3つのポイントはこれ!

スポンサーリンク

アンチエイジングサプリの効果ってどうなのでしょう?


ほら、テレビやネットで、美魔女たちがお薦めしているあれです。
若返りに高い効果があるといわれていますが、どういったものなのでしょうか?

もしかりに本当に飲んだだけで若返りができるサプリならぜひ試してみたいものですね

そこで今回は「いつまでも若さを保てる!サプリってどうなの?」ってことで、

・そもそもアンチエイジングってなに?

・若さを保つサプリとはなに?

・サプリを選ぶポイントとは?


についてみていきたいと思います。

アンチエイジングってなに?

まずアンチエイジングとは、年齢による身体の機能的な衰え、老化を可能な限り小さくし、いつまでも若々しくありたいとの願いを叶えることです。
ですので年を重ねることを止めるのではなく、その進みを遅らせることであると言えます。

なので肌の若返りはスキンケアや医学的治療により外部から皮膚そのものにケアをしていくので針自体を逆戻りさせることです。

普段の生活のなかの食生活や睡眠、運動、美容などの質がアンチエイジングに大きな関わりをしてきます。



アンチエイジングサプリ!若さを保つサプリとはなに?

サプリメントでも摂取できる、エイジングケアに効果が期待できる成分を紹介します。

アスコルビン酸

体内でビタミンCとして働き、抗酸化作用やコラーゲンをつくります。
またメラニン色素を抑えることでくすみやシミを改善する効果も期待される成分です。
そんなアスコルビン酸ですが、サプリメントとして市販されているものには、天然由来のものと合成のものとがあります。

合成で作られる栄養素の中には、光学異性体と呼ばれる「化学式の上では同じ成分だけど、体内ではうまく働いてくれない成分」が含まれている場合があります。栄養素によっては、光学異性体の影響で、含有量としてカウントされている栄養素の一部が体内で働いてくれないものもあります。しかしサプリメントは使用されている原料が合成でも、体内で働く分のみが含有量もして表示されていることがわかりやすいのです。

ビタミンE

ビタミンEには毛細血管の血行をよくする働きがあります。そのため、冷え性や肩こりなど血流が悪くて起きてしまう症状に効果です。また、毛細血管を拡張することにより肌の隅々まで血液が行き届くので肌荒れを予防してくれます。

大豆イソフラボン

女性が、肌にハリがなくなったり、しわやたるみが多くなったりして、肌が老化するのは、女性ホルモンの減少が原因の一つとして考えられます。
大豆イソフラボンは、このような肌の老化防止にも効果が期待できます。目の下のたるみやしわが気になる、肌の弾力の改善に効果があります。
また、肌の明るさや保湿機能に関しても、大豆イソフラボンによる一定の効果が期待できると考えられます。

アンチエイジングサプリを選ぶポイントとは?

で、ですな。
ネットやテレビではいかにも効果があります!って感じで美魔女の方々が素敵な笑顔で薦めてくれていますが、注意したいポイントをまとめておきます。

①胃や腸での消化を考えられたサプリを選ぶ


サプリはあくまで食品ですので、医薬品のように確実に胃や腸で消化して成分を体内に届けることを保証していません。そのため消化されないでそのまま体外に放出されることもあるのです。
そのため消化のことを考えられたサプリが身体に優しいサプリといえます。


②天然成分でつくられたものを選ぶ

最も消化効率のいい栄養摂取は食事です。しかし食事で補いきれない分をサプリがサポートしてくれます。サプリには天然の原材料ではなく合成成分でできているものもあります。そういったものではせっかく良い成分を消化されにくく実感につながらないものとなってしまう可能性があります。


③効果を信じきらない

サプリを飲んだとしても確実とは言い切れません。栄養素を補えるかもしれませんし、補えないこともあります。そのため効果を信じきるのではなく、効果が得られたら良いなといった気持ちで試すことが大切です。


美容を保つためにサプリを飲むことも大切です。

しかし日常の食生活に気をつけて自分にあったサプリを見つけることこそが美への一番の近道ではないのでしょうか。

日々の積み重ねが美につながっていくんですね。

ヘルス
シェアしていただけると中の人が小躍りして喜びます♪
猫の手も借りたい

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。