不眠症の改善!?高反発マットレスで睡眠の質が変わる!?

不眠症でつらい。せっかく眠ったのに、すぐに起きてしまう。。。という悩みをお持ちなら高反発のマットで睡眠の質を変えられるかもしれません。
不眠って原因は、ストレスがの場合も少なくありませんが、布団やベットの寝床にも問題がある場合も。

いつものせんべい布団や、柔らかすぎのマットから高反発マットレスに変えて睡眠について工夫するのもアリです


では早速、マットレスを変えることで、どのような効果が期待できるのでしょうか見ていきまます。

不眠症を引き起こす原因とは?

不眠症になると、きちんと寝たはずなのに眠むたい、日中に眠気が襲ってくることがあります。

とはいえ、不眠症といっても、様々なタイプが存在することをご存知でしょうか。


1つ目に挙げられるパターンとしては、寝ようと思って布団に入っても眠れないです。

また、2つ目に挙げられるのは眠りについたはずなのに、すぐに起きてしまうパターンになります。

このような症状に悩む原因は、体に何らかの問題がある場合もあり得ます。


身体に問題がなくても、精神面、ストレスによって、眠れない症状に悩む方が多いのも事実です。


ストレスが原因と言いましたが、まず眠れていないと感じること自体がストレスとなっています。

したがって、眠りやすくするためにもマットレスを変えることも有効でしょう。


有効な改善策

寝たはずなのに、十分に疲れが取れていないなどが不眠症の症状の中にあります。

ストレスによる症状を軽減させるためには、次の方法で改善させることができると言われています。


ストレスによる症状を軽減させる

まずは、体をしっかりと疲れさせることです。

眠れない場合、一日中座りっぱなしだったり、立ちっぱなしの仕事をしている事が多いともいます。

どうしてもこのような仕事をしていると、運動不足になってしまいやすくなるものです。

そのため適度に体を動かして、疲れさせることで、睡眠しやすくする効果が期待できます。


次に挙げられる方法は、普段使っている寝具にこだわってみることです。

特にベッドを使う場合は、マットレスを自分に合うものに変えてみるのも得策です。

マットレスが柔ら過ぎて、かえって体に負担が掛かっている方は、高反発のものを検討してみるのも良いでしょう。


脳も体を眠っている状態にする

睡眠にはレム睡眠と、ノンレム睡眠に分けられると聞いたことのある方も多いでしょう。

自分が眠っていると思っていても、実際に脳は起きていることもあります。

このことを指すのが、ノンレム睡眠です。

反対に、脳も体もきちんと休んでいる状態をレム睡眠と言います。

不眠症の方で、眠っていたはずなのに、すぐに起きる方は、ノンレム睡眠の場合が多いとされています。

そのため、きちんと、疲労回復ができていなこともあるのです。

さらに、不眠症の症状を悪化させる原因にもなります。

脳も体も休まった睡眠にするためにも、血の巡りを良くする高反発マットレスを使用して、睡眠の質を少しでも改善してみませんか。

本日のまとめ

不眠症になると寝られないことで、さらにストレスが掛かり、悪化する場合が多いと言われます。

ストレスの場合の改善策は、ストレスの根源を無くすことが一番です。

それとともにベッドで寝ている方は、マットレスも寝やすいものに変えるのも方法の1つです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。