敏感肌でも使える効果の高い家庭用脱毛器の特徴はこれだ

脱毛

スポンサーリンク

敏感肌だけど脱毛したい。脱毛器でで手軽にムダ毛のないきれいにケアしたい。。

お肌が荒れやすかったり、アトピーなどをお持ちの方は特に、家庭用脱毛器を使用しても大丈夫なのか心配になりますよね。


もちろん脱毛というのはどんなものでも多少の肌への負担はありますから、当然ながら値段だけで決めずにきちんと選んだほうが良いです。

敏感肌の方でも安心して使えて、効果を得られる家庭用脱毛器とはどんなものなのか、その特徴をみていきましょう。

出力レベルの調整で刺激を緩和

敏感肌の方が家庭用脱毛器を使う場合には、必ずレベル調節のできるものを選びましょう。

フラッシュの強さを調節することで、肌へのダメージを軽減することができます。

できれば細かく調整できるものだとさらに良いです。

一般的には3段階くらいのものから、多いものだと10段階まで詳細に分けられているものもあります。

肌の弱い方だとあまり強い光を当てるのは心配ですし、そうでない方でも体調などによっては肌への負担が大きすぎてしまう場合があります。

初めのうちは弱い光で試して、徐々にレベルを上げていくようにしましょう。

そして、照射レベルの調節機能だけでなく、連射モードが付いているものが非常にオススメです。

これは、一発の光を分割させることで肌への負担を軽減させるのに役立ちます。

つまり、連射の回数が多くなるほど一発あたりの刺激は弱くなります。

照射レベルと合わせて使用することで、強さの微調整ができるのです。

肌の弱い方にとってはとても役立つ機能になっています。


敏感肌に一番オススメのタイプは?

家庭用脱毛器にはフラッシュ式やレーザー式、その他にも毛を引っ張って抜くものや熱で毛を焼ききるものなど様々な種類があります。

値段や脱毛方法もそれぞれですが、その中でも敏感肌の方に特にオススメなのは、フラッシュ式の脱毛器です。

レーザー式はパワーが強く効果も出やすいとされていますが、その分肌へのダメージも強く、痛みを感じる人さえいます。

また、毛を引っ張るものだと抜いた時の肌への刺激が大きく、抜いた後にも炎症を起こしやすくなります。

それらと比べると、フラッシュ式の脱毛器は効果的でありつつ、最も肌にとって負担の少ないものと言えるでしょう。

日本人の肌向けに設計されている商品もあり、肌に優しいつくりのものが増えてきています。

細かい調整ができるものも多いため、自分に合った強さで使用できるのも嬉しいポイントです。


敏感肌にこそ家庭用脱毛器がオススメ?

家庭用脱毛器を使う上ではどうしても肌へのダメージが気になるところですが、実はカミソリで剃るよりも肌に優しいとも言われています。

特にアトピーをお持ちの方は、カミソリで剃ること自体が肌への大きな負担となります。

さらに数日ごとに処理をしなければいけないとなると、かなりのダメージを与えていることになり、時には痒みなどの炎症をおこす場合もあります。

家庭用脱毛器であれば、肌へ直接の刺激を与えるものではないため、肌にとってのダメージは少ないといえます。

実際にアトピーの方で家庭用脱毛器を使用している方も多く、痒みが出たり腫れたりしたことはないという方が大勢いらっしゃいます。

すべての人に問題なく使用できるとは言い切れませんが、アトピーや敏感肌だからといって家庭用脱毛器を諦めなければいけないということはありません。


本日のまとめ

敏感肌にとって、肌への刺激は大敵です。

どんなに脱毛効果が大きくても、それが肌にとって負担になってしまっては逆効果です。

すべすべのお肌どころか、荒れてしまったり炎症を起こしてしまうことにもなりかねません。

それを避けるためにも、できるだけ肌への負担が少ないものを選ぶのがよいでしょう。

多少お値段は張ってしまっても肌に優しく機能性の高いものを使用することをお勧めします。

最新の家庭用脱毛器は敏感肌の方でも使えて、さらにカミソリで剃るよりも肌へダメージを与えにくくなっています。

肌に負担が掛かりそうという理由でこれまで家庭用脱毛器の使用をためらっていた方も、一度試してみる価値はありそうです。

脱毛
シェアしていただけると中の人が小躍りして喜びます♪
猫の手も借りたいをフォローする
猫の手も借りたい

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。