ムートンブーツのお手入れ方法はこう!綺麗に長持させる秘訣はこれだ!

スポンサーリンク

お気に入りのムートンブーツ。ちゃんとメンテナンスしてあげて、また次の季節に履きたい!って思いと裏腹に、実際どんな風にお手入れすればいいのやら。。

秋冬の定番アイテムであるムートンブーツ。

モコモコで暖かく、使い勝手のいいムートンブーツは、1つは持っておきたい履物ですよね!

しかし、モコモコであるが故にお手入れが難しく、なかなか長持ちさせることができないのが難点・・・。


でも安心してください。

予想外に、ムートンブーツは自分で洗えてピカぴきにできる尾です。


今回は、ムートンブーツを綺麗に保てるお手入れ方法をご紹介していきます。



ムートンブーツの外側のお手入れ方法


ムートンブーツには、実は2種類存在します。
1.リアルムートン(羊の皮をスエード加工したもの)
2.フェイクムートン(リアルムートンの素材とフェイクファーを合わせて作ったもの)


UGG(アグ)やEMU(エミュ)などの人気ブランドのムートンブーツは、1のリアルムートンになります。

また、GU(ジーユー)などのプチプラブランドでよく安価で販売されているムートンブーツは、2のフェイクムートンになります。


基本的に、ムートンブーツの外側はブラッシングでお手入れをします。

リアルムートンの場合

リアルムートンは、表面をスエード風に仕上げてあります。

しかし、スエードよりもより表面が滑らかなので、汚れを落とすために硬いブラシを使ってしまうと、傷がついてしまったり、表面の繊維が抜けてしまうことがあるので注意です。

フェイクムートン

フェイクムートンは、靴屋で売られているスエード用のブラシ、特に馬の毛で出来た硬めのブラシがおすすめです。


ブラッシングの方法はどちらの素材のムートンも共通して、表面の毛並みに沿って、力を入れずにブラッシングすることです。
力を入れてこすると、表面が薄くなって耐久性がなくなってきてしまいます。
なので、優しくブラッシングをしましょう。



ムートンブーツの内側のお手入れ方法


ムートンブーツは、モコモコな内側のケアも忘れてはいけません!

ムートンブーツは、モコモコで暖かいので、どうしても靴の中が蒸せがち。
なので、脱いだまま放置すると、ニオイの原因になる雑菌やカビが繁殖してしまいます。

脱いだら、靴用の消臭スプレーやファブリーズなど消臭除菌効果のあるスプレーを内側に吹きかけましょう。

そのあとは、靴用の乾燥剤や新聞紙を中に入れて、ブーツの形が崩れないように整え、乾燥させていきます。


雨に濡れてしまったときは、まずは新聞紙を中に入れ、形を整えながら陰干しで乾燥させ、水分を除去します。

慌てて乾かそうとして、ドライヤーなどで温風を使ってしまうとブーツが傷んでしまうので、時間をかけて乾かしていくのが長持ちさせるコツです。

そのあとに、先ほど記述した通りに消臭スプレーをかけて内側のケアをしていきましょう。



自宅でムートンブーツを洗浄


最初に、自分の持っているムートンブーツが、リアルムートンかフェイクムートンであるのか確認しましょう。(洗濯表示を確認)

リアルムートンは、自宅で洗うと傷んでしまう可能性が高いので、プロのクリーニング屋に頼んだほうが賢明だと思われます。

一方、フェイクムートンは水洗いが可能なので自宅で洗浄することができます。

ムートンブーツの洗い方の基本


1.ぬるま湯に中性洗剤を混ぜて、洗浄液を作ります。
(ムートン専用のシャンプーも販売されています)

2.毛並みをなでるように、手かスポンジを使って丁寧に洗っていきます。(ブラシは使わないようにします)

3.ぬるま湯で優しくすすぎます。

4.タオルで包み、押すようにして水分を取り除いていきます。

5.水分がある程度取れたら、内側に新聞紙を入れ、形を整えて数日間陰干しします。

ここでは、リアルムートンのUGGの洗い方にチャレンジしている動画がありました。
プロ直伝ですな。


UGGブーツの洗濯方法

UGGブーツの洗濯方法

UGG(アグ)を水洗い(お洗濯します)

ムートンブーツUGG(アグ)を水洗い(お洗濯します)

意外と、やれる気がしますね。

本日のまとめ


ムートンブーツを長持ちさせる最大のポイントは、お手入れを買った時から行うことです!

買ってすぐに防水スプレーを吹きかけてあげることが、一番簡単に長持ちさせることのできる方法です。
ブーツ自体の耐久性が高まるので、履いた時の汚れや水で濡れることをかなり防いでくれます。

ムートンブーツを購入するときは、ブーツのお手入れグッズも一緒に購入することをオススメします^^♪

生活
スポンサーリンク
シェアしていただけると中の人が小躍りして喜びます♪
猫の手も借りたい

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。