*

パスタに塩の理由!本当の目的はコレだ!

      

関連タグ:ダイエット, ヘルス 

パスタに塩を入れる理由。

「パスタをゆでるとき、
塩をたっぷり入れて~♪」

など、レシピ本に書かれていますよね。

こだわりのソースをかけて、召し上がれ♪

パスタ塩理由

って流れが基本中の基本ですが、

この、お塩。

いったい、なぜ?
パスタは塩を入れてゆでるのか?


ホントのところ理由は何でしょうかね。


例えば、

・理由はわからないけど、書いてあるから入れる。
・昔っから「パスタは塩の入ったお湯でゆでるゆでるもんだ」
 ってばっちゃんが言ってた


もうチョッと詳しい人なら、

・味付け!
・下味をつける為


とか、


スポンサーリンク





・麺を締めてコシを出す
・茹でるお湯に塩を入ると沸点があがり、パスタの食感が良くなる


などなど、もっともらしいものもあれば、
ばっちゃんが言ってた説もあるし、
もやもやしてしまいます。


明解な納得の説明が欲しいところです。


ちなみに、いわゆる日本の麺類。

・うどん
・そば
・そうめん
・ラーメン


これらは、ゆでるときには塩を入れません。

たしかに、うどんの場合なんかは、
生地を作る段階で塩がまぶされていますしね。


パスタを茹でる時、お湯に塩を入れても意味が無いことが判明!?

調べていたら、こんな話題がありました。

「パスタを茹でる時、お湯に塩を入れても意味が無いことが判明!?」
って、一部のネット世界で激しく騒がれていました。


その話の元はこちらだったようです。

「スパゲティをゆでるときは塩なしでOKです」


~抜粋~

――本来、「塩なし」でいいのに、麺をゆでるときに塩を加えるのが常識化しているのはなぜなのでしょうか?

ちまたの「ゆで湯に塩を入れる理由」を検証


先生窶ヶヒを作るときに、スパゲティの麺はうどんのように塩を使っていないから、ゆでるときは塩を加えようという発想で、定着したのかもしれません。


~抜粋~

――ゆでるときにたくさんの塩を加えるレストランもあるようですが、なぜなのですか?


先生 家庭とは違う味を演出するため、塩味を強くしてインパクトを出しているのかもしれません。また、スパゲティの麺の中にわずかに存在するグルコース、アミノ酸、無機質などの味を塩が引き立てるという説もあります。しかし家庭では健康上、減塩のためにも塩を加えすぎないほうがよいでしょう。



パスタ塩なんで?


引用もと 「プレジデントFamily」 2011年5月号 http://president.jp/articles/-/9347

東京家政大学
大学院家政学研究科教授さま
のご意見です。

しかも、おじ様に人気の雑誌「プレジデント」の記事です。

もうね、たぶん正しい気がします


でも、お店の人が気分や雰囲気で入れてる説
については少し無理やり感もありますね。


しかしながら、当ブログ管理人は明解な理由も見つけました

こちらです。

スポンサーリンク

パスタに塩を入れる本当の理由!

ネットにしろ実生活にしろ、気になったら知りたくなるのが人間の性分(しょうぶん)
いろいろ本を見たり、人に聞いたりしてみましたが、いまいち。

そんな中、ツイッターで実に明解に論じる方がいました。

こちらです。


ツイッターからの引用です。

文章の荒さはあるものの、
内容は実に明快です。


内容を整理します。


パスタに塩を入れる理由


これは、つまり、浸透圧(しんとうあつ)の問題。


そうです「浸」「透」「圧」の「問」「題」
「しん」「とう」「あつ」の「もん」「だい」

大事なことなので、
激しくカッコで区切ってみました。

さて、

浸透圧とは水が濃度の低いほうから
高いほうに行くあれです。

水が浸透圧のバランスが取って濃度を保つ働きです。


そのため、塩なしのパスタ(麺)だとこうなります。

 パスタにソースをかける。



 ソースの塩分濃度とパスタの麺の濃度が違う。



 浸透圧のバランスをとるため麺から水分が出てくる。



 お皿に水っぽい、お味の薄いパスタが出来上がります。
 ビシャビシャのスープパスタですね。



ポイントは、パスタにのせるソースとの関係です。

ソースに塩分がたっぷり入っていれば、
その分パスタの麺からも水分が一杯
出てしまうって事です。

ソースの味をしっかり楽しみたいのなら、
パスタは塩茹でですね。


ちなみに、浸透圧についてはこちらがわかりやすいです

浸透圧についての動画解説

iNurse-アニメ_06_浸透圧


中学から高校の生物辺りでも出てきますね。
勉強になりやす。


パスタのちょっとし豆知識
パスタを茹でるとき、塩とオリーブオイルも入れると生パスタのようなもちもちの食感に!!
お試しあれ♪

本日のまとめ

パスタ 塩 理由 本当の目的はコレだ!
  • パスタを塩でゆでる理由は諸説あり
  • 麺の腰を強くする
  • 沸騰しやすくし麺をやわらかくする時間を短縮
  • 味付け
  • ばっちゃんが言ってた
  • 「浸」「透」「圧」

中でも、明解で説得力があるのは、


ばっちゃんが言ってた

もとい、


「浸透圧」ですね。


「皿の中がびちゃびちゃ&味が薄くなっちゃうのを防ぐために入れる」

なんか、納得できました♪

ってことは、ソースとの塩加減のバランスで
塩茹でしなくても良いって場合もありますね。

とにもかくにも、おいしいパスタで食事を
たのしみましょう!


スポンサード リンク

 

もし少しでもご参考になりましたら、ソーシャルで共有いただけると中の人が小踊りして喜びます♪

おすすめの関連記事たち♪

よろしければ、ご参考にこちらの記事もどうぞ♪

そしてさらに関連記事たち

首のしわ!原因と対策!解消方法はこう!

首のしわをとるにはどうしたらいいのか? 「しわというか、たるみ」 「たるみというか、溝が深く

記事を読む

マインドフルネスとは?ストレスの低減とトラウマ治療そしてうつやパニック障害対策

マインドフルネスとは?ストレスの低減とトラウマ治療そしてうつやパニック障害対策 マインドフルネスが

記事を読む

こどものかかとが痛い!ケガ?病気?小学中学に多い原因はこれだ!

こどもが『かかとが痛い!』って辛そう。 まだ身体が出来上がっていないこどもには、様々な病気や怪

記事を読む

舌回し運動!ほうれい線を消す必勝のエクササイズはこの3つ!?

女子なら誰もが恐れているもの。 それが『ほうれい線』です。 最近では男子も気にし

記事を読む

夏バテの症状?吐き気や頭痛がする女子は要注意?!

夏の暑さのせいか、体調がよろしくない。 最近、暑い日が続いてるし夏バテかしら? 累積疲労

記事を読む

ひどい寝汗は病気!?原因と対処方法はこれだ!

夏の暑い気温で汗がでるのならまだわかる。 でも、気温も室温も高くない夜、 気づいたらひどい寝

記事を読む

冷えのぼせの原因は!?効果あり!3つの対策は基本にあり

冷えのぼせ。 足先や指先は冷えてしまうのに 上半身はのぼせてしまう症状。 通勤

記事を読む

イライラ解消の食べ物と飲み物はコレだ!!

イライラする。 解消したい。 働く女子は大変です。 もちろん、主婦もサラリーマンも学生

記事を読む

耳がかゆい!かきすぎでカビ!?治療と報告!

耳がかゆい。長年耳かきでかいていたけど、 まさかね。 耳のかきすぎで、カビに感染していたとは

記事を読む

良い睡眠をとるにはこう!危険!睡眠障害のレベルまとめ!

良い睡眠をとるにはどうしたらいいの?いっぱい寝てるけど疲れが取れない! ぐっすり眠りたい!

記事を読む

Comment

  1. より:

    食べてる間のそんな数分でそこまで水分出てくるもんですかね

    という疑問から、仮にそれほど圧に差が出るほどの塩分量を茹で汁に入れてる塩分量でまかなえてるのか?って感じもします

    汁なしで食べる焼そば焼うどんから坦々麺が食べててびしゃびしゃになったり、味薄くなったことありませんけど

    • 猫の手も借りたい より:

      コメント有難うございます。
      猫の手管理人でございます。

      そうですね。。

      鋭いご指摘です。

      塩ありと無しで試したところ、私の場合、結構違いがありまして。。(汗

      汁なしの焼きそばや坦々面とパスタの麺では水分を含む量に違いもある気がします。

      とは言えご指摘有難うございます。

      当ブログの見解というところで、お治めいただけますと幸いです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おしえて!グーグル先生サイト内検索

毛穴の黒ずみ!原因は食事!?改善の秘密は和食!?

毛穴の黒ずみの原因は食生活にあります。 特に男子が好む食

毛穴の黒ずみ対策は皮膚科!?痛い!?どんなことするの!?

毛穴の黒ずみ対策は皮膚科でいいの? どんな治療されるの?

黒ずみ!毛穴の洗顔で解消!?基本の3つのポイントはこれ!

毛穴の黒ずみを何とかしたい。 もうね、鏡を見るたびに気になる黒い

鼻の毛穴の黒ずみ!重曹洗顔とパックで解決!?実際どうやるの!?

毛穴の黒ずみには重曹ケアが効果的!らしい。 ほら、重

フラッシュ脱毛器の仕組みはこう!光の力のしくみ

フラッシュ式脱毛器。 日本で販売されている家庭用脱毛器の中で主流

→もっと見る

PAGE TOP ↑