海外旅行のスマホの設定はこう!?携帯の高額請求を防ぐ!パターン別設定方法

海外旅行でもスマホを使いたい!でもそのまま持って行っても使える?携帯の設定を変えれば高額の請求は来ないの?

最近はスマートホンで写真や動画を撮って、インスタやブログ、Twitterにアップする人がたくさんいますね。




もちろん海外旅行へ行った場合も、食事や景色をアップしないわけにはいきません!


でも、

今使っているスマホ(iPhoneやAndroid)はそのまま海外でもつかえるのでしょうか?

結論としては、そのまま持っていっても基本、使えます。

でも、浮かれて無邪気にスマホを日本にいるとき以上にガシガシ使うと、帰国後、かなりのダメージを受けます。

そのダメージとは高額請求

恐ろしい響です。

例えば、

スマホのアプリが自動更新の設定のままだと、更新のたびにデータ通信がガンガン行われちゃいます。

通話だって着信した電話に出ると、それだけでお金がかかります。しかも数百円単位で。(※国によって金額は変わります。)

びびりますね。

ふつうに携帯を使いたいだけなのに、高額請求のリスクが待ってるかと思うと、全く持って困ったもんです。

どう使えばそんな目に合わないですむのでしょうか?

高額請求とならないようにするにはどのように携帯の設定を変更すれば良いのでしょうか?

気になります。

と言うか、設定せねばなりません。


でも、ネットで調べてみると設定の解説に、データ通信、海外ローミング、パケット、機内モード、ルータ、ON、OFF、キャリア、無料Wi-Fiなどなど、複雑怪奇に見える専門用語が乱発されてます。


一体、自分の使い方にはどんな設定するのがベストなのか考えたいのですが、複雑すぎて素人にはムリ



そんな難解な内容、ガジェット好きのIT機器大好きの人しか理解できませぬ。


でも、なんとか読み解いて設定しても、設定をミスって、高額な請求が来ても自己責任とかなるのが恐怖です。


なのでここではシンプルに要点をまとめてみます。

解説は後回しでポイントを先に。


スポンサーリンク

海外旅行で携帯の設定はこう!ここを気を付けないと高額通信費の請求


なんで海外でスマホ使うのに頭を悩ますのかといえば、

・なるべく安く使いたい
・でも、細かな設定がよくわからん

ってところすよね。

そこで、実体験に基づき、海外に行くなら押さえておきたい基本をまとめておきますです。

スマホの設定は基本3つです。

・ローミングを「OFF」にする
 ⇒ 地元の携帯会社につなが、ないようにする。(通話機能を制限)

・モバイルデータ通信を「OFF」にする
 ⇒ 地元の携帯会社につながらないようにする。(ネット接続を制限)

・機内モードを「ON」にする
 ⇒ 通話機能はもちろん、パケット通信、Wi-Fiすべての無線通信をOFFにしてくれます。

あと、ネットを使うなら

・wi-fiを「ON」にする
 ⇒ 機内モードを「ON」でもネットをするなら無料wi-fiだけ繋げます。海外では日本より無料wi-fiが使える場所は多いです。

ネットをかなり使うなら、

・モバイルルーターをレンタルする
 ⇒ 無料wi-fiの接続だと少し不便なので旅行期間中は借りる。


これです。

これだけです。

本当?

ってなりますね。

もちろん、注意点があります。


それは、機内モードだと


携帯で会話ができない。


携帯で会話ができない。


大事なところなので、繰り返しました。


この対策として、お金のかからない方法で通話するには。。

ズバリ、

・無料のWi-Fiを使い、LINEやSkype、Facebookのアプリで通話する。

ただし、音質はあんまり良くない。



さてさて

携帯(スマホ/iPhon)の」使い方は個人個人でかなり違いがあります。

ガシガシ、カメラを使う人もいれば、Twitterがメインの人もいれば、ネットでガシガシ検索しまくる人もいますし、googleマップを使う人もいます。


なもんで、実際の自分に合う、設定や対策どうすればよいの?

ってなりますよね。

たぶん。


そこで、

海外で携帯を使うパターン別の設定と対策をまとめてみます。



海外で携帯を使うパターン別設定と対策をまとめてた


で、使い方と対策を整理するといくつかパターンが考えられます。

パターン分けするとこんな感じになります。

海外旅行で、電話、ネットは一切使わない。
⇒ 電源オフ または、機内モードに設定。 最安になるかと。


海外旅行で、電話は使わない。ネットは現地の無料Wi-Fiのみを使う。
⇒ 機内モードをONに設定して、Wi-FiをON。ネットのみ使うパターンです。


海外旅行で、電話は使う。ネットはしない。
⇒データローミングはオフ、機内モードはOFF(解除)


海外旅行で、電話は使う。ネットは現地Wi-Fiのみを使う。
⇒Wi-FiをON、機内モードはOFF


ここまでが携帯(スマホ:iPhoneやAndroid)の携帯本体だけの対策。


続いて、

海外旅行で、電話は使う。ネットは海外用Wi-Fiルーター(レンタル)を使う。
⇒地図や翻訳などなど、ネットやアプリをなるべく安く、しかもフルに活用したい場合はこれですな。

海外旅行で、電話は使う。ネットは海外パケット定額プラン(+現地Wi-Fi)を使う。
⇒もうね、考えるのが面倒。少しぐらい高くても、大丈夫。
そんな場合は割り切って携帯のDoCoMoさんやauさん、ソフトバンクさんの推奨するサービスを利用する。

あれこれ頭を悩ますなら、これが一番です。こまったらお店のお兄さんやお姉さんに相談です。


ちなみに、

海外旅行でGoogleマップを使う
⇒ なるべく安く使うには、事前に日本にいるときに行き先のGoogleマップをダウンロード。あとは機内モードでWi-FiをONに設定。これだけで、オフラインでもGPSと地図が使えます。


ざっとこんな感じでしょうか。


心配していることの多くは、これらの設定で解決するかと。



ところで、スマホの代金は海外で使うとなぜ高くなってしまうのでしょうか?


海外で全く使わないのに、電源を入れていただけでなぜか帰国後に高額請求が来た!

って話がよく聞きます。


これは、とくに、意図しないで通信が行われる携帯の中にいるアプリたちが理由の大半を占めているようです。


かれらが、パケットを使いまくるのが高額な料金請求の元凶なわけです。


国内では多くの人は「パケット定額」に加入していると思いますが、それが海外では通用しない。


パケット通信は日本にいる分には契約の対象になりますが、海外では通用しない。


そのため通信料がどんどん跳ね上がってしまうのですな。


なもんで、どうすればスマホが安く高額にならないように使えるのでしょうか?



キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)各社では海外のパケット通信のサービスがあります。

これを利用するのがある意味、らくちんな対策です。


使用しているスマホのキャリアで海外旅行用に設定する

海外で携帯を使うためには、まず基本的なことですが、現在使用中のスマホは海外でも対応可能な機種か確認が必要。

それ以外にも渡航先の国で使用できるのかも確認が必要です。

それからスマホを海外で使用するために、キャリアへの申し込みが必要となります。

契約するときに「海外専用のパケット定額プラン」へ加入している人は大丈夫ですが、そうでない人は別に申し込みが必要となります。

また、キャリアによっては申し込をしなくても使えるサービスがあります。

その場合は自分での設定が必要となります。

キャリアによってそれぞれ値段が違うと思いますので、確認するのがよいでしょう。


キャリア毎の海外定額サービスの値段


参考までに各社さんの海外パケット定額プランを見てみると・・・

●docomo

・「海外1dayパケ」
 24時間定額980円・1,280円・1,580円(国・地域によって料金が異なります)で利用できるパケット定額サービス。

・「海外パケ・ホーダイ」
 1日20万パケット(約24.4MB)までで最大1,980円、それ以上使っても最大2,980円の2段階定額サービス。

●SoftBank

・「海外パケットし放題」
 1日25MBまでで最大1,980円、それ以上使っても最大2,980円の2段階定額サービス。

●au

・「海外ダブル定額」
 1日20万パケット(約24.4MB)までで最大1,980円、それ以上使っても最大2,980円の2段階定額サービス。

料金はさほど差がありませんね!



海外旅行でスマホを使いまくる!Wi-Fiを利用する!

海外旅行先のホテルでもWI-FIが利用できる所があります。

ですがホテルによっては有料になることも。

現地で地図を確認したり、また飲食店を検索したりとスマホは手放せません!

そこでレンタルWI-FIのモバイルルーターを借りるのがおススメです。

海外のWI-FIレンタルと聞くと「イモトのWI-FI」と「フローバルWI-FI」。

利便性はどちらも同じですが、あとは値段だけですね!

利用方法としては、ネットで事前予約をして成田空港のカウンターで受け取ります。

パスポートを見せると直ぐに借りられます。
セット内容は、WI-FIルーターと充電器、説明書です。

現地に到着後は電源をONにして、ルーターに書かれているパスワードを設定すると使用可能になります。
返却も到着後に「返却ボックス」があるので、そこに入れるだけ!

とても簡単ですね。

料金は通信容量にもよりますが、イモトのWi-Fiだと1日3Gで980円×日数。

その他にもオプションや安心パックなどがありますので、検討されるとよいでしょう。

受け取り方法も、当日はバタバタして面倒という人には、事前に受け取る宅配も選択できます。


うっかり設定をし忘れた!高額請求を避ける設定を!

高額請求を避ける方法のひとつは、「通信回線をオフ」にする。

冒頭でまとめていますが、これはもはや基本。

渡航前にスマホの設定を変更です。

それ以外に、「機内モード」はONのままでいるのがお勧めです。

すべての電波、通信を遮断するので、海外にいることで余計な通信の出費がなくなります。
「機内モード」にすると通信機能はすべて遮断されますが、時計やカメラなどは使えます。

最終手段は電源をOFF


本日のまとめ

海外旅行に行く前に、まずは自分のスマホの設定をお忘れなく!

うっかりしてしまうと高額の請求がくるのでご注意を。

それから、宿泊先のホテルでWI-FIが使えるかの確認も必要。

調べる事が多いですね。

てっとり早いのがレンタルWI-FIですが、料金と容量を比較して検討してみてください。

個人的にはレンタルWI-FIがおススメ。

ものぐさな私が簡単にできるほどです♪。


コメント

error:Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。