おしっこの色が!病気?危険!?赤白黄色にオレンジ!の尿

「おしっこの色がおかしい。病気なのかな?」
毎日何気なくしているおしっこ。

おしっこの色が!病気?危険!?


おしっこの色がいつもと違っていた場合、
奇妙な感覚に襲われますね。

なんかへんな色
「もしかして、なにかの病気かな?」

って心配になることがあります。



おしっこの色は普段あんまり意識しませんからね。

ふとした拍子に「あれっ?」って
異常に気付くことがあるのです。

いつものおしっこの色と
明らかに違っていた場合、
病気の可能性も視野に入れておくのが

早期治療と改善のポイントになります。

では早速。



おしっこの色別に病気をまとめてみた


おしっこがどんな色をしているかによって、
疑われる病気や原因はある程度特定されてきます。

黄色や薄い黄色のおしっこの場合

健康な人のおしっこは、ほとんどが黄色から薄黄色です。
いわゆる普通の状態です。

透明な感じの場合

水分をとり過ぎた時や、
お茶など利尿作用の
ある飲み物を飲んだ場合には、

かなり色が薄くなり、
ほとんど透明になることもあります。

無色透明な尿が出る状態が
何日も続くようなら、
まれに糖尿病になっている可能性も。

かかっていることもあるため注意が必要です。

茶色い

逆に、水分不足のときや
風邪などで脱水症状を起こしている時には、
茶色みを帯びた濃いおしっこになることもあります。

このような時に疑われる病気の一つとしては、
例えば肝臓の病気の可能性も出てきます。

スポンサーリンク

赤い!!

おしっこの異常でもかなりドキリとさせられるのが、
鮮やかなの場合です。

こういった時にまず疑われるのが、
膀胱炎腎臓のトラブルです。

言わば尿に血が混じった状態です。

まれに重篤病気のこともあるため、
早目に病院で検査を受けることが
必要になります。

膀胱炎による血尿は
比較的若い方10代20代でも起こります、

おしっこのトラブルの中でも
ポピュラーな異常として知られています。

オレンジ色の場合

オレンジ色の場合にも、
血が混じっているのではないかと少し心配になります。

こういった場合には、
サプリメント栄養ドリンクなどを飲んでいないか
振り返ってみましょう。

ビタミンの種類によっては
飲んだ後にオレンジ色のおしっこになる
場合があります。

白くにごった感じがする

白く濁ったおしっこは、
  • 尿路結石(にょうろけっせき)
  • 尿路感染症(にょうろかんせんしょう)


などの可能性が高いです。

また、

膀胱炎などで繁殖した細菌が体内で炎症をおこし、
おしっこに膿(うみ)が混ざって白く濁るばあいもあります。

怖いですね。。。


本日のまとめ

おしっこの色が!病気?危険!?赤白黄色にオレンジ!の尿
  • 黄色や薄い黄色のおしっこ ⇒ 普通です
  • 透明な感じの場合 ⇒ 時に糖尿の可能性も
  • 茶色い ⇒ 肝臓の病気の可能性も。。
  • 赤い!! ⇒ 膀胱炎や腎臓に問題があるかも
  • オレンジ色の場合 ⇒ サプリメントや栄養ドリンクのビタミンの可能性が
  • 白くにごった感じがする ⇒ 結石や感染症の疑いが


おしっこの色は健康をはかるための
一つのバロメーターでもあります。

便と同じく私達の体の中で起こっていることを知る
大切な要素となる訳です。

ですので、

健康対策の一つとして、

普段から異常に気を配っておくと
早目に病気を発見出来る
可能性が高まります。

面倒がらずに
ほんの少し注意して
チェックをする習慣をつければ、

良い訳です。

最近は腎結石や尿路結石も増えているため、
こういった対策はとても有効です。

コメント

error:Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。