四十肩と五十肩の違い!30代は!?女子は特に注意!知らないと怖い驚きの症状!

五十肩と四十肩の違いってなに?
(読み方は「ごじゅうかた」と「しじゅうかた」)

肩や腕を動かそうとすると、ズキンと感じる痛みです。


%e5%9b%9b%e5%8d%81%e8%82%a9%e4%ba%94%e5%8d%81%e8%82%a9%e9%81%95%e3%81%84

この痛み、

「四十肩かな?」
「五十肩かな?」

って思うことがありますね。


ほら、昔、子供のころ五十歳前後のお父さんやお母さんが

『痛くて腕が上がらない。。』

とかなると、

『もしかして五十肩?』

父上どの
お父さんはまだ四十代だから、四十肩だ!! 



とか。


『肩が痛くて、腕が上がらない』


中年以降のそんな状態について、古くからわが国では『五十肩』とか『四十肩』って呼んだりします。

やや大げさに言えばですが。


で、


実際問題、四十肩とか五十肩っていうけど、どんな違いがあるのでしょう?

今回は肩を痛めて、少々残念な体力を痛感した当ブログ管理人が調査しまとめてみました。


肩の痛みを四十肩とか五十肩で軽く片付け、放っておくと、


ときに、重症になって笑えない大変のことになることがわかりました。


で、まぁ、リアルに悩む日が来る前にまとめてみます。

それでは早速。





四十肩とは

具体的に四十肩がどのような症状や状態であるかって、知ってる人は案外少ないです。

えぇ、私もです


四十肩とはその名称からもわかる通り、四十代で発生する肩の痛み。


わりと広く知られている症状の割りに明確な原因は明らかではありません。


一般的には肩の関節やその周辺に起こる炎症が原因であると言われています。


本来の可動域はとても広いのですが、それだけに様々なパーツが複雑に組み合わさっていて、体の中でもトラブルが起こりやすい場所です。
(ほら、精密機械は細かなパーツが集まってできて、丁寧に扱わないとすぐに壊れてしまい、修理も大変。そんなイメージです)


症状としては、腕の上げ下げやねじると言った動作の際に痛みを感じ、今まで通りに上手く動かす事ができなくなります。


この症状が出ると日常生活に影響が出ちゃいます。

  • シャツの着脱
  • 高い場所にある本を取る


などなど。

日常生活にも支障がでますね。


激しい肩こりで同じような症状があらわれるケースもありますが、肩こりは筋肉疲労によるもので、四十肩は関節の炎症の場合が多いため、症状は似ていても根本的には全く違うものです。

  • 肩こりは筋肉疲労
  • 四十肩は関節の炎症

四十肩には急性期と慢性期があります。

基本的に激しい痛みを感じる場合は急性期です。

酷い炎症により腕を少し動かしただけでも強い痛みを感じたり、眠りを妨げられるほどの夜間痛に悩まされる急性期


ですが、この痛みは一時的なもので、安静にしていれば大体は1ヶ月から2ヶ月程度でおさまります。


とは言え、痛みが完全に無くなるわけではありません。


多くの場合は急性期を繰り返し、慢性期に入ります。

慢性期では急性期に感じたような痛みはおさまってきますが、
やはり無理に動かすと強い痛みを感じるため、
肩や腕の動きが制限されます。


スポンサーリンク



五十肩とは

五十肩も、基本的に四十肩と同じ症状があらわれます。

五十才になってから発症する痛みで腕が上がらなくなる状態を五十肩と呼んていることが多いです。

で、五十肩が呼び名としては昔から言われている感がありますね。

%e5%9b%9b%e5%8d%81%e8%82%a9%e4%ba%94%e5%8d%81%e8%82%a9%e7%97%87%e7%8a%b6

四十肩と五十肩の違いは?

四十肩と五十肩の違いは、実はありません。

お医者様の診断は

・肩に疼痛(とうつう)と運動障害・制限がある
・患者の年齢が40歳以降である
・明らかな原因がない


という3つの条件を満たすものを五十肩と呼ぶことにしています。



で、五十肩も四十肩も両方ともおんなじ


しかも具体的には


従来は腱板損傷や石灰沈着性腱板炎なども含めて五十肩と呼んでいたが、近年では原因のあきらかな疾患は五十肩に含めない。



※読み方:肩腱板損傷(けんけんばんそんしょう)
※読み方:肩石灰沈着性腱炎(けんせっかいちんちゃくせいけんえん)



。。。。




なんですと?




原因のあきらかな疾患は五十肩に含めない



ってことは



つまり、


よくわからないケド、

痛みの原因がわかんないヤツは『五十肩』でひとくくり


ってことですな。


意外とおおざっぱです。

なので、30代でも五十肩。60代でも五十肩。


片方の肩が発症してしまうと、もう一方も発症する確率が高く、これを防止することは難しいとされています。



もうね、




びびります。


だって、両肩が上にあがらなくなるわけです。

で、これがさらに重症となると。。


いわゆる『肩関節周囲炎(けんかんせつつしゅういえん。)』や『肩関節拘縮(けんかんせつこうしゅく)』と呼ぶ状態に。


後ろへはほとんど動かせないなどの運動障害が起こる。生活にも支障をきたすようになり、重症化すると、洗髪、髪をとかす、歯磨き、炊事、洗濯物を干す、電車のつり革につかまる、洋服を着る、寝返りを打つ、排便後の尻の始末などが不自由となり、日常生活に大きな困難をもたらす場合がある。軽症で済むか重症化するかの仕組みもはっきりしていない。

引用もと 五十肩 ウィキぺディア https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E5%8D%81%E8%82%A9


重症化すると、


・洗髪

・髪をとかす

・歯磨き

・炊事

・洗濯物を干す

・電車のつり革につかまる

・洋服を着る

・寝返りを打つ

・排便後の尻の始末などが不自由


結果、関節が癒着して動かなくなることも。

癒着です。

関節がくっついて動かなくなるイメージです。

怖いです。


で、


くりかえしますが、

四十肩、五十肩のちがいは、
発症する年齢によって名称が分けられているだけ
お医者様は五十肩って呼ぶことが多いようです。


とにもかくにも、も最近では、日中パソコンと睨めっこをしながらのデスクワークが増えてきた事から、三十代の人でも四十肩・五十肩を発症する人が増えています。

気を付けたいところですな。




注意1
最近では学会での議論もある程度方向感がさだまり
五十肩の広義の定義では『肩関節周囲炎(けんかんせつつしゅういえん)
狭義の定義では『肩関節拘縮(けんかんせつこうしゅく)』と呼ぶことで落ちついてきているみたいです。



ちなみに、川崎市立川崎病院によれば、


肩関節拘縮は全人口の約2%に発症し特に40から60代の世代に起こりやすく、男性より女性に多く認められます。

引用:五十肩、肩関節拘縮(肩関節周囲炎) http://www.city.kawasaki.jp/32/cmsfiles/contents/0000037/37856/kawasaki/shinryou/shinryou/11-seikeigeka_10.html


なんか、おっさん定番の病気みたいなイメージでしたが、恐るべしことに、女子に発症することが多いとのこと。

注意されたし。



本日のまとめ

四十肩と五十肩の違い!30代は!?知らないと怖い驚きの症状!
四十肩と五十肩は症状に違いはない
五十肩が本来の呼び名みたい
五十肩は筋肉痛ではない肩の痛みで、原因がはっきりしないもの
名称としては広義では肩関節周囲炎(けんかんせつつしゅういえん。)が五十肩
狭儀では肩関節拘縮(けんかんせつこうしゅく)
40から60代の世代に起こりやすい
女子に発症することが多い

年齢は関係なくて
四十肩、五十肩と言う名称から
勘違いしがちですが、

若いからならないと言うものではなく、
肩関節を固めてしまうのが
発症の原因になるので、

まだ三十代でも日頃からストレッチなどを行い予防を心掛けたいところです。

コメント

error:Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。