社畜女子とキラキラ20時退社 就活の裏話

キラキラ20時退社に対し、社畜女子が激おこプンプン丸。

いったい何の話か。怒っている女子

少しだけ紐解きます。

 

PR

キラキラ20時退社とは何か?

仕事もプライベートも充実したワークライフバランスが絶妙な女子、いわゆる「リア充」。

主に就活の女子向けに作られた言葉。

ほら、会社で17時半や18時の定時で帰るのは先輩や上司、同僚の目が気になり微妙に罪悪感が芽生えます。

それに対し、20時くらいまで適度に残業しておけば仕事もしているイメージを植えつけられます。

出来る女っぽいです。

なのでこれは、いわゆる、女子大生が企業を選ぶ新基準が「キラキラ20時退社」です。

WEB系の会社ではその傾向が強く、就職活動中の女子の会社選びにはずせない必須のポイントになってます。

少し前、「有名WEB系の企業の内定式がリア充すぎる」って話題がネットでありました。

たぶんその時の影響です。

(コレについては猛烈な物議が交わされていたのですが詳しくは別の記事で)

 

その一方で、社畜女子という概念があります。

スポンサーリンク

社畜女子とはなにか?

そもそも社畜とよばれる方々が多いのは暗黙の事実。

残業代が出る出ないはべつに、毎日終電まで残業する仕事っプリの敬愛すべきかたがた。

傾向としては仕事のできる人も入れば、出来ない人もいて様々です。

もちろん、単純に仕事量が多いとかお客さんからの依頼や納品にこたえるために、必死だから必然的に遅い時間になってしまうケースなど様々です。

とうぜん、平日はプライベートなことは出来ず、お休みの日も「まったり」としていることが多くなります。

また、人によっては土日祝日返上でお仕事をされる方も多いです。

社畜女子はそんな会社員の中でも、女子にスポットをあてた表現です。年齢は関係ございません。

 

社畜女子が激おこプンプン丸

なぜ、社畜女子が激おこプンプン丸なのか。

お察しのとおり、社畜女子として会社の主力となって必死に仕事をしているお姉さまたちから見れば「キラキラ20時退社」を夢見る彼女達は結局のところただの新人

彼女達の後輩になるコたちのです。

バイトでもサークルや仲間内でも、新しく入ってくる人はそれなりに空気を読む必要がありますよね。

それが日本の社会です。といいますか、これは全世界的な共通のお話ですかね。

本日のまとめ

社畜女子とキラキラ20時退社とは
  • キラキラ20時退社とは就活女子の新しい新評価基準
  • リア充
  • 社畜女子、好きでやってる人もいればそうじゃない人もいる。
  • 新人がなめた口をきけば、先輩なら怒る。
  • 「有名WEB系の企業の内定式がリア充すぎる」話をおもい出す。イメージとしてはキャバ嬢みたいな新入社員がいっぱいいた。
以上♪

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。