毛穴の黒ずみの原因!?このブツブツはあの人のと違う!?

毛穴の黒ずみの原因は人それぞれ違うのです。そうです。あなたの黒いぽつぽつはあの人の黒いぶつぶつと違う理由があるのです。

って、唐突にいわれても『なんのこっちゃ!?』ってなりますな。

20代にもなると特に小鼻の周囲の毛穴が開いているように感じたり、ブツブツして黒ずんでいるのが気になり出すことも多いと思います。

それが、30代から40代になるにつれ、ケアが難しくなるほど悪化してしまうのは恐怖の一言です。

毛穴が黒ずむのには、人それぞれに原因が異なっているというのは知ってましたか?

ほら、単に汚れが詰まったから、黒ずんでいるというような単純な仕組みでは無く、複合的な理由で毛穴が黒ずんでいるのです。

PR

毛穴の黒ずみの原因!?このブツブツはあの人のと違う!?


他の人と同じケアをしても自分の毛穴の黒ずみが思うように解消しないという場合、間違った対処をしてしまっている可能性もありますね。
ではどういうことが原因で、毛穴の黒ずみは起こってしまうのでしょうか。

毛穴の黒ずみ原因その1 汚れが詰まっている

本来その日の汚れは、その日のうちに綺麗に取り除いた状態で眠ることが大切です。

夜の寝ている間に、新陳代謝が活発になり、お肌の生まれ変わりが行われるからです。

1日過ごして毛穴の中に溜まったメイク汚れや皮脂、ほこりや汗などが詰まったままになっていませんか。

仕事や学業で疲れたからといってクレンジングを雑に行ったり、そのまま寝てしまったりすることでも毛穴が黒ずむ原因を作ってしまっています。

また、適切なクレンジングと洗顔を行っているつもりでも、実際には取り切れていなくて汚れが蓄積してしまっている可能性もあります。

汚れが詰まった状態では、適切な新陳代謝が行われずに毛穴が黒ずんでしまう原因の一つに考えられます。

忙しくて洗顔やクレンジングを安易に考えている方や、適切に行えていない方は、黒ずみの原因になっている可能性が高いです。

また揚げ物やジャンクフードなどの脂物や、ケーキなどの甘いものなどをよく食べる方も食生活の偏りによって毛穴が詰まりやすくなっている場合もあります。

毛穴の黒ずみ原因その2 メラニンの影響を受けている

毛穴の黒ずみと紫外線などの影響であるメラニンは、あまり関係ないようにも見えます。

しかし紫外線を浴びるとお肌のターンオーバーが乱れることで、皮脂が過剰分泌されやすい状態になります。

同時にメラニンが過剰分泌を起こしてしまうのも毛穴の黒ずみの一因です。

お肌の表面で起こっているシミは紫外線が原因であることがよく知られていますが、実は毛穴でも同じようなことが起こるのです。

紫外線は真夏以外の時期でも一年中降り注いでいますから、季節に関わらず毎日、紫外線のダメージを受けています。

一年を通しての紫外線対策を怠っていると毛穴の黒ずみの原因になってしまっています。

毛穴の黒ずみ原因その2 毛穴が広がってしまっている

毛穴は瞬時に開いたり閉じたりはしませんが、時間をかけてゆっくりと開いてしまう場合も多いです。

やっかいなのは、一度開いてしまうと簡単にはギュッと閉じたりしてくれないということです。

原因として考えられるのは、乾燥によって皮脂が過剰分泌している状態が継続されることで毛穴が広がってしまっているということです。

保湿が不足しているだけではなく、紫外線を浴びたり、毛穴が詰まることでも毛穴が広がる原因になります。

毛穴が広がって盛り上がった状態になると、毛穴に影が出来るのでお肌が黒ずんで見えてしまいがちです。

加齢によっても流線型の毛穴になって、老けた印象になりがちです。

広がった毛穴はすぐに閉じたりはしませんから、慢性的にメイク汚れや皮脂汚れが詰まりやすい状態を作ってしまいます。

本日のまとめ

スキンケアを割としっかり考えている方でも、見落としがちな原因が一つくらいはあるものです。

例えば夏以外は日焼け止めクリームを塗っていなかったというようなことが、毛穴の黒ずみの原因になっている場合もあります。

忙しくてあまりスキンケアのことを考えていなかったというような場合には、複数の理由が混ざり合って黒ずみの原因を作っていることも考えられます。

例えばクレンジングもしっかり行っていないし、油っこいものを沢山食べているし、乾燥しているけれど保湿も不十分というような場合もあるかも知れません。

なんとなく毛穴の黒ずみはゴシゴシ洗えば何とかなるのではと考えてしまいがちですが、洗顔だけでは不十分です。

自分自身の毛穴の黒ずみにはどんな原因が隠れているのかをしっかり把握することが、透明感のある肌に近づくためには欠かせないのです。

コメント

error:Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。