ドレスコードの指定!女性がオフィスで着る「賢い女」着こなし術!

ドレスコードの指定って女性の場合、着こなしがポイントになります。
会社の場合意外と盲点になります。

なぜなら、人間関係は外見が8割って言われることもありますからね。


できる女なら賢く着こなしていきたいものです。

なもんで、早速見て見まいりましょう。

スポンサーリンク

ドレスコードの指定!女性がオフィスで着る「賢い女」着こなし術!

会社にも「ドレスコードの指定」があるのはご存知でしょうか?

知らない方でも、ある程度はオフィスに見合う服装をしなければと気にはするでしょう。

そこで「ビジネスカジュアル」という言葉を聞いたことはありませんか?

多くの企業ではこのドレスコードを指定しているところがほとんどです。

職場のドレスコードとは?知っておきたいオフィスの常識!


ではビジネスカジュアルとはどのような服装なのでしょうか。

毎日の通勤着で悩む女性も多い事と思いますが、ビジネスカジュアルとはスーツのように固い印象の服装ではなく、でも仕事をする上で失礼のない服装のことをいいます。

ますます悩む・・・と思われるかもしれませんが、オフィスに合った、その場の雰囲気にふさわしい服装のことだと思ってください。


急なお客様が来ても対応ができるくらいの服装、また失礼の無い服装を選びましょう。

もちろん働く会社によって雰囲気が異なったり、個性があります。服装に緩い所もあれば、厳しい所もあるでしょう。

その会社の雰囲気も重視してコーディネートを楽しみましょう!

ビジネスカジュアルで賢く見せる服装術!

働く女性はスーツではない分、毎日コーディネートを変えないといけない大変さがあります。

また、ビジネスカジュアルの定義がいまいち分かりづらいと頭を抱える人も多くいます。

そこで賢くみせるコーディネートのポイントをいくつかご紹介します。


あると便利なアイテム

それぞれ押さえておきたい便利なアイテムがあります。
見ていきませう。

トップス


中でも襟付きシャツ。いくつかあると着回しができるので大変便利。ビジネスカジュアルの定番アイテムともいえます。夏は半袖シャツや長袖でもロールアップできるシャツがあると便利です。
また、素材は綿のかっちりしたタイプや、女性らしい柔らかな素材でも大丈夫。トップスを変えるだけでガラッと印象も変わるので、コーディネートも楽しめます。
ジャケットやカーディガンとコーディネートできる色や柄を選ぶと良いかもしれません。




ボトムス


色味は落ち着いた色味、黒、グレー、紺が無難です。デザインも細身のパンツだとスタイリッシュに見えて賢く見えます!夏場は七分丈などのパンツも良いかと思いますが、その時も色味はベーシックな物を選びましょう。また、ストレートのパンツもすっきりとして綺麗に見えます。



スカート


膝丈くらいのタイトスカートは上品に見えます。ですがあまりぴったりとしたタイトスカートは控えましょう。ボトムスをすっきりとした印象にするとオフィスでも落ち着いた雰囲気に見えて賢くみられそうです!





着る服にもよりますが、やはりオフィスではパンプスが定番です。フラットシューズでもデザインを選んでカジュアル過ぎない物を選びましょう。


ビジネスカジュアルでもこの服装はNGかも?

いくらカジュアルが付くからといっても「ビジネス」に適さない服装をいくつかピックアップします。

ショートパンツやミニスカートは一歩間違えると品が無くなってしまうので、できればプライベートな時間に着るようにした方が良さそうです。

またトップスではパーカーや派手なTシャツはオフィス着としては適しません。

また靴も、スニーカーやサンダルは不快感を与えかねないので基本的にはNGです。
賢い女性は通勤でスニーカー、オフィスでパンプスに履き替えてONとOFFを切り替えています!




本日のまとめ

会社によって服装の定義はそれぞれです。

ですが、ビジネスカジュアルの定義としてはシックな服装がポイントになります。

あくまでもビジネスに適した服装なので、派手さよりも上品、清潔感を重視しましょう。

その分休日にはカラフルな色を着て、コーディネートを楽しんでください!

電車に乗っているとオシャレな女性を多く見かけます。

中でも「キャリアウーマン?」と思われるような人も見かけますが、着こなしがとても素敵で女性でもかっこいい!と思ってしまいます。

小物使いも洋服と上手にコーディネートしていて、ファッション雑誌を見るよりも参考になります!








コメント

error:Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。