ホワイトラグジュアリーは嘘!? 危険なの!?

ホワイトラグジュアリーは効果があるのでしょうか。嘘だったりするとショックですからね。
友達なんかに聞くのもアレですし。効果があるならすぐにでも試したい。

でも仮に嘘じゃなく嘘みたいに効果があったとしても危険があるのなら困る。

でも何とかしたいし。。


悩みどころですね。

今回はホワイトラグジュアリーは嘘なのか危険なの?についです。

それでは早速。


PR

ホワイトラグジュアリーは嘘!? 危険なの!?

ホワイトラグジュアリーは、乳首の黒ずみが気になる女性のために開発されたケア製品。

塗るだけで乳首の色がだんだん薄くなるというのですが、使ってみるまではホントに色が薄くなるのか疑問でした。

でも、使ってみると、口コミのコメントも嘘ではないということがわかりました。

ちなみに、こちらが「ホワイトラグジュアリープレミアム」の公式サイトです。

類似品やよく似たまがい物もあるので、念のため確認してください。


ホワイトラグジュアリーは嘘!?

早速ですが、ホワイトラグジュアリーは医薬品ではないので即効性はありませんが、1ヵ月ぐらい使っていると変化がわかります。

個人差もあるので人によってはもっと早く効果を感じる人もいますし、それよりも時間がかかる人もいます。

ですから、あせらずにじっくり取り組むのがいいと思います。


特に肌の場合は細胞の入れ替りが行われています。

ターンオーバーって言われますね。


時間がかかる場合、自分のお肌のターンオーバーの周期が長い可能性があります。

ターンオーバーの速度は体の場所や個人差はありますがだいたい28日~56日かかります。

なのでターンオーバーが遅い場合、変化を感じるまで2ヶ月近く、あんまり変化が出ない可能性が出てきます。

しかも年齢や体調がよくない場合、さらに時間がかかります

嘘と思う場合、この辺りにポイントがありそうですね。


さてさて、このホワイトラグジュアリ、購入前に色が白くなる仕組みについて調べたのですが、効果の秘密はホワイトラグジュアリーに入っている3つのビタミンCが威力を発揮しているようです。


ビタミンCの効果はよく知られていまますね。


メラニン色素ができるのを抑制したり、活性酸素を除去する作用があるので、美白や美肌に欠かせません。

でも、このビタミンCをいくら取り入れていてもおはだの角質層にとどまってしまって基底層にとどかないと美白効果を期待できません。

なぜかというと、メラニンを作り出すメラノサイトというのは基底層にあるからです。

ホワイトラグジュアリーの場合、詳しくみてみると。。

  • アスコルビン酸Na

  • リン酸アスコルビルMg

  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

  • ビタミンC誘導体



これらのが独自の比率で配合されていて角質層の下まで浸透します。

ヒアルロン酸、ビタミンE、プラセンタ、コラーゲンなども入っているので、お肌の調子も整うのです。

ちなみにこれは、乳首だけに効果があるのではなく、顔のシミや黒ずみにも効果が期待できます。
⇒ ホワイトラグジュアリーの効果!顔にも効く?シミくすみには!?

驚きですね。

とは言え、お話を続けます。

ホワイトラグジュアリーは危険?

ただ、効き目があってもお肌に悪いものが使用されていると心配です。特に添加物が気になります。

化粧品によく使われるBGがホワイトラグジュアリーにも入っていますが、これは防腐剤を溶かしたり、植物エキスなど抽出する時に使われるものです。

エタノールよりも刺激が少なく、グリセリンのようにべたつかないというメリットもあり、保湿効果もあります。基本的には危険性はない添加物です。

また、ホワイトラグジュアリーの場合、配合成分表(※1)の中の後ろの方に記載されているので、含有量も少ないようです。

でも添加物が気になるという敏感肌の方は、パッチテストをしてから使用するのがよいでしょう。


※1 パッケージの箱などに書かれてる配合成分表はその製品に配合されている原料の量が多いもの順に記載する法律上のルールがあります。


また、乳化の安定性を保つために水酸化Kも使われています。これは単体で使うと刺激性があるものですが、化粧品に使う場合は必ず中和させてから配合しているので刺激性はなくなります。

毒性もないとされている添加物です。


ホワイトラグジュアリープレミアムの得な購入方法

こんなホワイトラグジュアリー。

どうせ使うならを安全にお得に購入するなら、公式サイトがお薦めです。

町のお店にはおいてませんからね。


ただ毎月提供できる数に限りがあるみたいなので注意が必要です。



今回のまとめ

ホワイトラグジュアリーは有効成分であるお肌の基底層までビタミンCが届くということで、効果が実感できるということがわかりました。

そして、危険な添加物は使用されていないので安心して使っていける製品だと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。