絶滅危惧種!?ミヤコタナゴを繁殖させて書類送検!?

絶滅危惧種として絶滅の心配がある動植物がいますね。

これは日本では環境省が指定してます。

環境省のレッドリストとも言われている、
とっても貴重な種類の動物です。



そんな中、絶滅危惧種を大量に繁殖させて
書類送検された事例があります。
しかも、天然記念物の繁殖です。

28匹から、なんと驚きの1121匹に繁殖を成功させたのです。
なんの繁殖かというと、

ミヤコタナゴです。

こちらにミヤコタナゴ動画がございます。



そして書類送検されたニュースは

コチラです。
gooニュース 絶滅危惧種「増やし過ぎて」1121匹に 無許可譲受容疑で書類送検(産経新聞)より抜粋

 絶滅の恐れがある淡水魚「ミヤコタナゴ」を無許可で譲り受けたなどとして、警視庁生活環境課は14日、種の保存法違反と文化財保護法違反容疑で、いずれも東京都荒川区に住む会社役員(60)の男ら3人を書類送検した。同課によると、3人は容疑を認めているという。

送検容疑は平成24年5月、国の許可を得ずに、別の会社役員(54)から知人男性(66)を通じてミヤコタナゴ28匹を無償で譲り受けたなどとしている。

ミヤコタナゴは関東近県に生息するが、繁殖が困難とされ、昭和29年に天然記念物、平成5年には絶滅の恐れのある国内希少野生動植物種に指定された。

gooニュース 絶滅危惧種「増やし過ぎて」1121匹に 無許可譲受容疑で書類送検(産経新聞)
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/snk20140114527.html


どうやら、繁殖させたから逮捕ではなく、

タナゴを無許可で譲り受けたので書類送検。

ちなみに、書類送検って「身柄を拘束することなく事件を検察官送致」です。

事件ですよ!

ってことです。

スポンサーリンク


ただ、まだ裁判が行われていないので、
本当に悪いかどうかはその後に裁判で決まります。

で、このミヤコタナゴですが、
  • 昭和29年に天然記念物に指定されている。
  • 平成5年に絶滅の恐れのある国内希少野生動植物種に指定されている。
と言ったとても心配されている小魚

なにしろ、このタナゴ

淡水の貝の中に卵産し、
貝ごと飼育しなければならない
とても手間のかかるやつです。

近年の日本の川では
少し綺麗な程度では繁殖しなくて
非常に増やすのが難しいといわれています。

その難易度高のミヤコタナゴを

28匹から1121匹に。

これは、もう

文化庁のお役人さまも

あごが外れるんじゃないでしょうか。

なんか、

とても良いことしたのに、怒られた感がすごいです。

はたして、この繁殖に成功させた会社役員(60)の男ら3人さんが
今後、どうなることやら少し注目です。

本日のまとめ

絶滅危惧種!?ミヤコタナゴを繁殖させて書類送検!?
  • ミヤコタナゴを258匹から1121匹に繁殖させて、書類送検になったおじさんがいる。
  • ミヤコタナゴは天然記念物
  • ミヤコタナゴは希少野生動植物種
  • この3人のおっちゃんはΣ(゚Д゚)スゲェ!!気がする。
  • でも、ミヤコタナゴはもしかしたら、わりと繁殖が容易なのか?
以上でござる。

コメント

error:Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。