婚活40代の心得!結婚?仕事?どちらも大切です。

婚活はじめる40代の心得!です。やっぱり働く女子が必ず脳裏をよぎるのが、結婚?仕事?どっち?ってテーマです。
結論から言えば、

どちらも大切です

一昔前、女性は結婚をすると仕事を退職するのが自然でした。


今では女性が仕事をするのが当たり前の時代になり、結婚、出産後も活躍している女性はたくさんいます。

さて、婚活に戻りますが40代で独身という方はとても多いです。

仕事や私生活が充実している分、結婚を後回しにした人もいる事でしょう!

テレビCMでも「結婚しなくていい時代に・・・」と聞いたことがある人もいるのでは?

結婚しなくてもいい時代、でも結婚したい!そう思った時が婚活のスタートです!


スポンサーリンク

婚活するなら時には妥協するのも大切なポイント 40代の壁とは


婚活をするにはまずどのような出会いをもとめるのか?そしてそのような相手を理想とするのか・・・。

最近ではさまざまな街コンが開催されており、興味深いものが多くあります。

そこで自分の趣味に特化した街コンや、気軽に参加できるパーティーなどもあるので参加しやすいイベントからスタートするのが良さそうです。


さて40代独身だと男性女性ともに仕事をしている人がほとんどかと思います。

ここで自分の価値観を相手に押し付けることはあってはいけませんが、男性の40代以降の年代に多いのが「自分主義」です。

仕事上でも40代は大変な中間管理職についている人も多いので、仕事の延長のように女性を部下のように接してしまう人も少なからずいます。

まずは自分を冷静に見つめ直す必要もあるかも知れません。

そう考えると大人の婚活は、ある程度妥協も必要になってきます。


体験型街コンで結婚後の「家事」を考える!お洗濯コンって?


最近面白い街コンを発見しました!

「お洗濯コン」です。

その名の通り洗濯を一緒にするのです!

ではなぜ洗濯?

結婚後に共働きの夫婦が当たり前の時代、家事の分担も当たり前!それが夫婦円満の秘訣だからです。

そこである既婚男女の調査で、結婚後に夫婦げんかになった家事のランクを見ると、

なんと、

1位:育児
2位:掃除
3位:洗濯

だそうです!

子は鎹。(かすがい)。

愛の結晶。

であるはずの『こども』が喧嘩の原因一位。

そして、二位には掃除。なんかわかる気がしますね。

最近はまめな男子も増えていますが、基本、男は雑。

雑です。

わかる気がするのでは。

で、三位。

選択。

もとい、

洗濯。


私も以前風邪で熱があり寝込んだ時がありました。ですが・・・洗濯はしましたね・・・誰もやってくれないので。

家族4人分の洗濯物は一日でカゴいっぱいに。

正直この時は寝ていたいのに「何をやっているんだろう・・・」と悲しくなったのと、「うつしてやる!」という怒りで洗濯していました。

それはさておき「洗濯コン」ですが、男女がペアになって洗濯の指導を受けるというもの。

洗剤メーカーの方が、素材によって洗濯の仕方を教えてくれるそうです。

その後はペアで洗濯を実践します。

洗濯で男女が出会うのって素敵だと思いませんか?

また、指導員の説明をきちんと聞くのか否かによって人間性が見えてきそう。

洗濯の後はもちろんお楽しみのお食事会もあるようです。


このような実践型の街コンもぜひ参考にしてみて下さい。

婚活する40代は趣味も大切な要素!大人の気遣いがポイントアップに!

さて結婚を考えると趣味がポイントになってきます。

相手がものすごくはまっている趣味があり、それに共感できなければ仕方がありませんが理解することも大切です。

ただ拒否するだけでなく、一歩踏み込んで話をするのも相手の内面を知る上でのポイントとなります。

それは相手だけではなくて自分にも言えることです。

自分の趣味を頭から拒否されたら不愉快になりますよね?

それと一緒で趣味の話を聞いてあげることも大人の対応と言えます。

私の知人で男性がラグビーが好きで、デートにラグビーを見に行ったそうです。

それ以来彼女の方がラグビーに夢中になり、結婚後もよくラグビーの試合を見に行っていました。

ここでもし彼女が「私ラグビーは興味ないから!」と言ってしまえばそれまで。

相手の趣味を理解するのも大人の魅力でもあります。

まとめ

少子高齢化と言われますが、そもそも結婚をする人が少なければ少子化は止められません。

結婚したくても出会いの場が無いと感じている人はたくさんいます。

婚活は少しの勇希でふみ出せるので、ぜひ参加してほしいと思います!

若い人と一緒だと疲れるから・・・と感じている人でも、街コンは年齢層によってさまざまなイベントを開催しています。探してみると自分に合ったイベントがあるかも知れません。




コメント

error:Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。