入ってはいけない保険とは?ワースト1とランキング

入ってはいけない保険とは?ワースト1とランキング

保険商品って頭を悩ませますが、
多くの方が入らなくても良い
生命保険ってのが有ります。

つまり、入る必要が無い保険って物があります。

お姉さん保険

それから、友人や会社に来た保険のお姉さんに
薦められて、いろいろ考え始めるケースもありますが、
基本的に何がなんだか分からないコトが多いです。




そこで、いろいろ調査した結果をこっそりまとめておきます

そもそもなんで保険にはいるのか?

ずばり、
  • 一定の保険料を保険会社に支払い、
    万一のことがあった場合に給付金として
    お金をもらう仕組み。
  • 人間に掛ける保険:生命保険
  • ものに掛ける保険:損害保険
こんな感じですね。

なので、怪我や病気や死んだときに
お金がもらえる
ってのが保険に入る
基本的な考え方
です。

生命保険の種類

ざっくりと言えば、

  • 定期保険 :掛け捨ての保険(戻ってこない)で
    比較的、保険料は的安い。
    しかし、年齢に応じて保険料が高くな
    る。
  • 終身保険 :一生涯の保障がある。
  • 養老保険 :死亡保障と貯蓄性の両方を兼ね備えている。

の3種類に分類されます。
  • 自分が何を必要としているのか?
  • 自分の収入と見合った毎月の保険料なのか?
  • 本当に必要な保険金額なのか?
このあたりを踏まえると、考えやすくなりますね。

スポンサーリンク


入ってはいけない保険

それはずばり「アカウント型」の保険です。

一般に保険会社各社さんでは
利率変動型積立終身保険
という名称になっていますね。

で、いったいなんじゃい?

ってなりますが、

カンタンに言えば、保障と積立が一緒に構成されている保険です。

勇気をだして商品名と会社名を言えば、

例えば、
  • 「ライフアカウントL.A.」(明治安田生命)
  • 「ライブワン」(住友生命)
  • 「堂々人生」(第一生命)
理由は仕組みが複雑すぎるのです。

素人が手を出すには要注意だからです。

あたかも積み立ててお金が貯まる貯金
みたいなイメージ
を持ってしまいますが、

大きな保障は60~65歳くらいで終わってしまい

終身保険のように販売されているので要注です。

それから、特約をいっぱいつける保険

もちろん、お金に余裕があるのなら、
特約をそれなりに付けるのは
ありと言えば有です。

また、ネットで入れる保険は
保険料は安く入りやすくて良いのですが、
その一方で「一生涯の保障は無い」ものが多いです。


この辺は判断のポイントです。

保険に対する考え方

平均年収400万円もないのに、世界一高い保険に入っていること、深く考え直すべきです。

もうひとつ、全国各地の大手生保の契約者さんたちへ、その定期付き終身保険に多くの特約保険、またはアカウント型の保険、例えばライフアカウントLAとか、ライプワンの保険とか、堂々人生という保険とか、お金が貯まるようで貯まる保険でもありません。

参考文献:

保険評論家 消費生活コンサルタント野中幸市先生のブログ記事

「年収400万円以下の人が、大手生保の保険に、入ってはいけない。」から引用させていただきました。
URL:http://blogs.yahoo.co.jp/konchanni/53286443.html

 

そんなところで、

本日のまとめ

入ってはいけない保険とは?ワースト1とランキング
  • 保険に対する考え方を整理しましょう。
  • 「アカウント型」の保険が必要な人は少なく、
    しかもなんか難しいので
    やめておきましょう。
  • あなたは大手の高額な保険が必要なほど
    収入がありますか?
お願いしかしない保険のおねぇさんや、
いたずらに不安にさせる保険会社さんのCMや
パンフレットには注意しませう。

NG1women

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。