新生児が笑うのはいつ?新生児微笑ってなに?

スポンサーリンク

新生児をもつママさんはやっぱり、
早く笑顔が見たくて楽しみでたまりませんね。

赤ちゃんは新生児微笑を含めると

0ヶ月から6ヶ月までの間に笑顔を見せてくれることが多いです。


そして、気づいたらもう、体全身でわらってくれて
いとおしさが高まります

赤ちゃんはいつ笑う?

そんな赤ちゃんですが、実際、0ヶ月新生児微笑ってなんなの?
って疑問になりますよね。


少しばかい知らべて見ましたので、
ご参考になればと思います。


赤ちゃんの笑顔の種類

ところで、赤ちゃんの笑顔には種類があります。

生まれたばかりの赤ちゃんが笑顔を見せるときが
あります。
これは、新生児微笑(エンジェルスマイル)と呼ばれます。
2種類に分けられます。

・生理的微笑
・社会的微笑(あやし笑い)

例えば、
生まれて数日で、寝てるときやフッとした瞬間
笑ってる!って話すパパさんがいたりします。

親ばかかっ。

ってツッコミたくなる気分になりますが
実際に笑顔はあります。

このような笑顔は新生児微笑です。

特に0ヶ月から2ヶ月くらいで見られる笑顔
生理的微笑と言われる本能の微笑です。

スポンサーリンク


新生児微笑とは?


・生理的微笑:0歳~2ヶ月頃にみられる笑顔。

何か楽しいとか面白い!って感じて笑うわけではなく
表情を作り、ママさんや周囲の反応を見て
受け入れてもらえる為に行う行為
です。

※反射的に行う笑顔なので、人だけでなく、
おもちゃや動物をみたときや、
睡眠中にもおきます。

日々の生活の中で、赤ちゃんはさまざまな体験を通じ
生まれてきた世界を学んでいきます


生理的微笑(エンジェルスマイル)で周りの人が笑顔になり、
優しくしてくれるって感じることで、
この表情は役に立つらしい、と理解(学習)します。

赤ちゃんはママさんや周囲の反応を見て、
笑顔の意味を理解するのですね。

この結果、笑顔が生まれるわけです。

微笑を見たら、声をかけて反応してあげましょうね。

社会的微笑(あやし笑い)とは?


そして、次に
あやしたときに笑う、
・社会的微笑(あやし笑い):2~3ヶ月目以降で見られる笑顔
人の顔をみてコミュニケーションとして行う笑顔です。

この笑顔は、生後3ヶ月くらいまでに見せてくれることがある
笑顔ですが「無差別微笑」と呼んだりします。
顔に反応するイメージです。

6ヶ月くらいになると、ママなどお世話をしてくれる人
が近づいてきたときに見せる笑顔で、
社会的選択的微笑」と呼んだりします。

この笑顔はつまり、相手を判別して
自分と馴染みの深いママパパなどの
人に対して頻繁に笑いかけるようになる笑顔です。

これは、コミュニケーション
ポイントになりそうですね。

本日のまとめ

新生児が笑うのはいつ?新生児微笑とは?
  • 新生児は一般的に2ヶ月から6ヶ月くらいで笑うことが多い
  • 新生児微笑は
    ・生理的微笑
    ・社会的微笑(あやし笑い)
    の2種類がある
  • 新生児微笑に反応してあげると、発達が促される。
  • 新生児微笑は赤ちゃんのコミュニケーション
  • ママとパパは笑顔で反応してあげましょう!


よろしかったらコチラの記事もご参考に
いつから赤ちゃんは笑うの?上手にあやす3つの秘密!


赤ちゃんの笑顔は疲れも吹き飛びます。

楽しみですね♪

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。