*

立ち会い出産!夫が役に立たない!旦那必見!妊婦さんが出産中に困った4のポイントはここ!

     

関連タグ:こども 育児, 赤ちゃん 

立会出産で夫が役に立たないことがあります。てっ言うか、役に立つ旦那をお持ちの方がうらやましいかもです。

基本、旦那じゃなくても出産は出産する本人にしかわからないことが多々あります。

出産の最中は夢中で痛みと戦うのが妊婦の定め。
愛する旦那様が少しは助けになるかと思いきや。。

こんかいは、実際にご主人様が立ち会ったけど役に立たなかったポイントを4つピックアップして頂きました。

妊婦さんも、旦那も必見です。

特にポイントとしては。。


陣痛中にしてほしいことは陣痛中には伝えられない

ここです。



二回も立ち会っているご主人でもやっぱりあれですから。

スポンサーリンク




立ち会い出産!夫が役に立たない!旦那必見!妊婦さんが出産中に困った4のポイントはここ!

3児のママWさん
陣痛中に夫がいて役に立ったか立たなかったかは、人によって違うようです。


3児のママWさん
私の場合、1人目の時出産経験がある母が付いていてくれた分、夫との違いが明らかでした。


ただ手を握っているだけ

夫は一人目の時に母親教室に参加し、陣痛中のサポート方法を学んでいたはずでした。

奥さんが痛いと訴える所をさすってあげてくださいと、強く言われていました。

ところが3年も経つと忘れてしまうのか、普段は記憶力がいいとか物覚えがいいとか言っているくせに、ただ手を握っているだけでした。

あなたはいったいここで何をしているの、何のためにここにいるのと陣痛中でなければ正座をして問いたいくらいでした。

さらに早朝だったこともありますが、痛みに耐える私の目の前で寝始めたので、痛みに任せて思いっきり手を握り返したこともあります。

しかし意図は伝わらず、握っていてほしいんだなと理解されてしまいました。

こちらは痛みに耐えていますし、痛みのない時は酸素補給でしゃべるどころではありません。

3分間隔になったときに来た助産師さんに言われて、ようやく腰をさすってくれるようになったのです。

スポンサーリンク



腰をさする位置が違う

助産師さんに言われてようやく目が覚めたらしい夫は、痛みが来ると腰をさすってくれるようになりました。

しかし微妙に痛む位置が違うのです。

もう少し下と言いたいのですが、3分間隔になると体のどこかを動かしていないと耐えられないくらい痛いですし、うまく伝えることができません。

中にはさする場所があまりに違いすぎて、夫を殴った妊婦さんもいるらしいです。

しかし私にはそんなことを思い出す余裕はあっても、行動に移す余裕もありません。

むしろそうした行動を起こした妊婦さんは無意識だったそうですから、産後に言われてもまったく覚えていないのだそうです。
ですからこうしたことを思い出せる私は余裕なのだろう、あるいは冷静なのだろうと思いました。

ただし3人目の時は腰ではなく恥骨が痛むタイプの陣痛でしたから、夫の出番は全くありませんでした。

水分補給ができない!

陣痛中は大量の汗をかきますから、当然汗をかきます。

1人目の時は食事も水分も満足に摂ることができず、出産前に熱を出してしまいました。
そのことも踏まえて2人目はペットボトル飲料を用意しました。

入院するときに自動販売機で購入した麦茶でしたが、麦茶には体を冷やす作用もありますからちょうどいいと思いました。

ところが陣痛がひどくなると起き上がることができません。

またドリンクを置いているテーブルが遠いので自分で取ることができません。

一生懸命手を伸ばすのですが届きませんから、気が付いた夫が取ってくれました。

キャップを外し、いざ飲ませてくれようとしたのですが、横向きですからうまく飲むことができません。

シーツに大量にこぼす危険性もありますから、ほしい分だけ飲むことができないのです。

もちろん夫はそのようなことに一切気づきませんし、私も言葉を発することができません。

本当にこの人は接客業なのだろうかなどと思いながら、結局満足できない1~2滴程度の水分補給しかできなかったのです。

スポンサーリンク



いるのかどうかすら分からない


さらに痛みがひどくなってくると自分のことしか考えられなくなります。

周りから聞こえてくるのは生き身を指導したり励ましてくれたりする助産師さん、赤ちゃんが今どのような状態なのか医学的に判断する医師の声だけです。

すると夫がその場にいるのかどうかすら分からなくなってしまいます。
2人目の時は研修医と指導医が2人に助産師が4人いました。

ちょうど夜勤と日勤が交代の時間だったので、普段は2人体制の助産師さんが4人になったのです。

3人目の時はさらに大所帯で、隣のLDRの方が15分ほど早く出産しました。

すると隣にいたLDRからもスタッフがやってきて、医師が3人に助産師さんが6人の大所帯になってしまったのです。
すると夫がどこにいるのかすら分かりません。

いるのは分かるのですが、頭の所にいるのか足元にいるのか分からないのです。

もしかしたら部屋から追い出されているのではとさえ思ってしまいました。

ですから2人目の時は出産を終えてからいることに気づき、3人目の時は陣痛と陣痛の合間に頭を撫でられて枕元にいることを認識しました。

もうすぐ生まれるとなるとLDRも慌ただしくなりますから、夫は一切声が出なかったようです。

私も夫ではなく分娩台のベッドの柵に捕まっていましたから、夫と言う認識がまずありませんでした。

赤ちゃんの体が完全に出てからやっと声が出せたのです。

さすがにいたのかとは言えませんでしたから、無事に生まれてよかったねと言いあうだけでした。


今回のまとめ

陣痛中に夫が役に立ったかと言うと、半分以上は役に立っていないと思います。

ですから妊娠中の方に立ち会い出産について聞かれたときは、大体夫をしつけることを勧めています。

陣痛中にしてほしいことは陣痛中には伝えられないというのが、3回の出産を通じての教訓です。

スポンサード リンク

 

もし少しでもご参考になりましたら、ソーシャルで共有いただけると中の人が小踊りして喜びます♪

おすすめの関連記事たち♪

よろしければ、ご参考にこちらの記事もどうぞ♪

そしてさらに関連記事たち

不妊治療費っていくらかかるの?保険対象?助成金は?

不妊治療費っていくらかかるの?保険って適用されるの?助成金があるって聞いたけどなにそれ?

記事を読む

対策!寒い部屋の防寒はコレだ!部屋を暖かくする3つの方法

対策は無いの!?この部屋の寒さはしゃれにならん。 外にいるのと変わらん! ってお

記事を読む

眠くて眠くて仕方ない!病気?まさかの恐怖!6つの病気と良質な睡眠

「眠くて眠くて仕方がない」 正直、仕事中は特につらい。 「寝てるのに眠い、寝ても眠い

記事を読む

赤ちゃんが階段を上り下りし始めたときに気になこと。ええ!!足が速くなるの?

赤ちゃんが階段から落ちる。 歩き始めて、走ることを覚えた赤ちゃんは『ちいさな冒険』を始

記事を読む

熱が何度も出る

自家中毒症の原因は?意味は?アセトン血性嘔吐症って何!?

自家中毒って意味は?どんな症状なの?原因はなに? 「自家中毒症(じかちゅうどくしょう)じゃないかな

記事を読む

GDPとは?わかりやすく子供に説明するにはコレだ!

GDPってニュースでアナウンサーが話すたびに、 あたかもわかっている感じで聞いているけど、

記事を読む

赤ちゃんが物をつかむのはいつ?動画で見る成長の記録たち!

赤ちゃんが物をつかむのはいつ? あかちゃんが手を開いて物を掴むって、地味ですが楽しみ。

記事を読む

妊娠のサイン?初期症状はこう!

「妊娠のサインってどんなの?」 「この体調の変化は妊娠かな?」 「初期症状?」 って感じに

記事を読む

葉酸サプリはいつからいつまで飲めばいいの?妊活&妊娠さんの疑問の答え

葉酸サプリはいつからいつまで飲むのが理想的なのか?妊活や妊娠さんなら気になるのが必然。 ほら、身体

記事を読む

不妊治療で保険は適用されるの?保険適用と適用外を知る

不妊治療って保険が適用される?保険がきかない治療ってどんなの? やっぱり、妊活を考え始めるといろん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

乳首がかゆい!6つの原因と対策!

乳首がかゆい! 乳首がかゆいのは厄介ですよね。 人

爪の縦線!原因はこれだ!?ちょっと怖い病気の種類と豆知識

爪に縦線がある。原因はなにかな? ほら、 今まであまり気に

足のふくらはぎが痛い!疲れ冷え?意外と怖い7つの症状

足のふくらはぎが痛い。 なんとなく、違和感があったけど日増しに酷

ちょい漏れ男性用パンツ!エバーシャイニー(EVERSHINY)で軽失禁対策はきまり!

エバーシャイニー(EVERSHINY)はちょい漏れ・軽失禁をおしゃれに

雪綺麗(せつきれい)の口コミはホント!?効果あるの!?

雪綺麗は歯を白くするって口コミでも評判ですね。でも実際、効果はどうなの

ポトフは圧力鍋で簡単調理!忙しい主婦のお手軽料理

ポトフは圧力鍋で簡単にできちゃいます。忙しい主婦の味方です。 ほ

グレンチェックを女子もかっこよく着こなす!男性だけのものではありません!

グレンチェックは女子もかっこよく着こなせます。男性だけのものではありま

バレンタインご飯!えっ?特別な料理!?

バレンタインだし特別なご飯でも用意しようかな。たまには何かしてあげよう

→もっと見る

PAGE TOP ↑